Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

読書と知識の関係性ー30代からは知性と経験がプラスαで必要になってくる

f:id:naoto5511:20180408224015j:plain

 

president.jp

 

 外山滋比古さんの本は何冊が読んだことがある。しかし、代表作の『思考の整理学』は読んだことはない。何となく売れている本は読みたくなくて、他の著書を買った記憶がある。バッサリと言うのが特徴的で、30代からは読書に頼らない生き方が必要とのこと。確かに一理あって、管理職や現場の責任者になる可能性が高い40代以降は、知性、知恵、経験がプラスαしないと、仕事は上手くいかなかったりする。若い頃のように、目の前の仕事だけではなくて、より多くの人をマネジメントしていかないといけないから。ただ、新しい知識って40代になると中々頭に入ってこないらしいから、その意味も含めて読書が役立つのは30代までなのかもしれない。