Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

大阪にある、『梅田』が複数ある梅田ダンジョンについて

 大阪の梅田。地下街はダンジョンになっていて、初めて来た人は迷いやすい。梅田駅は複数あって、『阪急梅田』、『阪神梅田』、大阪メトロ『梅田』『東梅田』『西梅田』と、待ち合わせをしたら、間違いなく会えない。待ち合わせの場所は、具体的な場所を指定するのが基本。

 

nlab.itmedia.co.jp

 

 スマホ、携帯電話がない頃ってすごく大変だったと思う。関西圏に住んでいるならいいのだけど、それ以外の地方から来る場合は『梅田』と言っても分からないから、ほぼ出会えない。携帯がないから、相手の様子も分からないので、ますます出会いが困難に。
 
 
 私だったら、阪神の『梅田』かなあ。大阪に住んでいる人なら他の場所もありだけど、他の土地から大阪未体験の友達が来るなら、大阪駅から近いこの駅。阪神タイガースファンの御用達の私鉄だけど、近くに阪神・阪急百貨店があるから分かりやすい。

 

f:id:naoto5511:20180311230334j:plain

 

 梅田の地下街はただでさえ、長くて迷いやすいのに、今は北ヤード開発で工事中になっている部分がある。しかも、標識がない地下街も基本なので、イマイチ自分の場所が分かり難くなっている。大阪に行く時には、梅田ダンジョンで友達と話題になったけど、初心者には難しいよね。
 
 
 標識に梅田とか大阪とか書いているけど、非常に分かりにくい。何回も行って慣れないと。新宿よりはマシだと思うけど、広く伸びていて、B1FとB2Fの区別が曖昧(所々でなだらかな坂があるため)になっているから、ダンジョンという言葉は中々のチョイス。
 
 
 僕が思うのは、リンクの漫画で、『USJ帰り』で泉の広場にはいかないと思うんだけどね。大阪駅から遠いし、そこまで歩かないとは思う。まあ、マニアックなお店があったりするから、そこに行く人だったのかも。
 
 
 それに、友人はどこに行ったのだろう?見た感じ、友人も同意しているので、梅田が複数あるというのは分かるとは思う。どっちも大阪をあまり知らないなら待ち合わせは『大阪駅』にするだろうから。まあ、大阪駅も広くて、出会えない可能性もあるわけなんだけど。
 
 
 いつの間にか、『梅田ダンジョン』が有名になっているのは不思議な感じ。何回も開発が行われたからこそ、これだけ長く迷いやすい地下街になったという経緯もあるのだけど、JRと私鉄の大きな駅が近くにあるからこそ出来たとも言えるかなあ。