Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

ブログでのアウトプットについて

f:id:naoto5511:20180610231636j:plain


 

 ブログでアウトプットを行う。仕事だったり、自己満足だったり、趣味だったりするんだけど、これってすごく難しいことだと思うんですよね。いきなり文章を書こうと思っても、自分を気持ちを上手く表現することなんて、忘れているし、やった回数も少ないから難易度が高い。そうなると、ブログでのアウトプットってなんだろうなあと思ってしまう。

 アウトプットって自分の考えだったり、技術的なノウハウをまとめたものだったりするけど、ある程度の知識や経験がないとしんどいと思う。ブログって僕が学生の頃に始めた頃は、自分の意見を言ったりしてただけだったけど、今はビジネスにも使っている人がいて、色々変わってきてる。

 最近は、ブログで稼ごう的なことが流行っていたけど、それも一つの道だとは思う。ビジネスの形式はあるにしろ、自分の意見や知識、経験を提供しているわけだから。その人が持っている情報が売り物になる時代なんだなと。

 ブログでアウトプットする練習でいいのは、

  •  SNSで文章を書く
  •  紙のノートに日記をつける
  •  テレビ番組などに意見してみる

などと思う。自分の意見をしっかり言うことが大事で。大人になるとそんな機会がなくなったりするから練習しておいた方がいい。

 アウトプットする時に、僕の内面には「自信がない状態」というのがあって、自信満々で書いていることは少ない。理系出身だということもあるけど、文章が苦手という意識はある。やっぱりコンプレックスは邪魔になってしまう。

 自己表現として、アウトプットは価値あるものだと思う。他人から見たら当たり前の知識でも、自分にとっては思考の過程をしっかり文章化するものであって、書くこと自体に意味がある。

 自分の思考過程は、頭の中でモヤモヤしているものであって、文章化することが、それは思考と流れとしてしっかり表現される。その意味で、『考えること』に対して、自分を確立したり、自信を持つためにとても大切なように思う。 

 自信は僕の中では、小さな成功体験の積み重ねだと思っていし、思考の文章化は、それを実行するだけで成功になると感じてる。アウトプットの本質ってそこにあるんじゃないかな。お金にならないかもしれないけど、自分に自信がない人にオススメではある。

 ブログでのアウトプットって、ビジネスを考えなければ、自分の思考をまとめる行為として、とても有用なものだと思う。書きながら思ったけど、それなりに自分の考えをまとめてみると、気持ちいいし、達成感があるから、自分にとってはアウトプットは意味ある行動だと思う。