Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

アウトプットについて②-勉強するなら手書きも重要

f:id:naoto5511:20180217011826j:plain

 

 勉強するなら手書きもかなり重要だと思う。問題集とか解く時には、手書きだし、
メモも手で書くことが多かった。パソコンやスマホや発達してきたけど、手書きの重要性は薄れていないと思うし、小学校の時から慣れ親しんだ手で書くことって力強い味方だと感じた。

 
 手書きって確かに疲れるけど、得れるものは非常に多い思う。書いたノートやメモは残ってそれを見ると達成感が生まれるし、考えた軌跡が分かるので、後から見ても参考になることが多い。パソコンでプログなどを書く時にも実用的に使える。
 
 
 アウトプットってブログでお金を稼ごう!自慢しよう!専門知識を披露しよう!という雰囲気が伝わってくるけど、資格試験とか大学の試験とか企画書・設計書作成なんかでも活きてくるので、手書きの出番って結構あるんじゃないかと感じる。
 
 
 手書きなんかいらねえ!フリック入力最高!キーボード最強!的な考えでも確かにスピーディーな面で賛成なんだけど、自分の思考の過程をしっかり見れるというのが利点だと思う。パソコンやスマホだと痒い所に手が届かないので、サクッとノートやメモにコメントを書く時にも有利だと感じる。
 
 
 まあ、これは年代による所も多いと思う。幼い頃からスマホやパソコンがあって、毎日接していた10代とか20代だと、手書きって非効率ってイメージだから、中々分かってはもらえないとは思う。
 
 
 僕としては、理系出身だから、大学の試験とかは手書きオンリー。持ち込み不可がほとんどで、手で数式をいじくることが非常に多かったから、手書きに慣れてしまっている。もちろん、レポートはパソコンで書くことが多かったけど、ちょっとしたメモとかは手書きで書いてた。
 
 
 それにパソコンで書くとすると、絶対に無くすという自分の性格もある。面倒くさがりやだから、ファイル名を適当にして分からなくなったり、フォルダの階層を整理するために深くしすぎて、探すのに時間が掛かったりと、メモ・ノートの本質からかけ離れた状態になるので、僕としては、何かメモをする時には紙のノートに書いてる。
 
 
 資格試験の勉強をする時には、問題集を解くのだけど、結構書き込みをしたりする。気になったこと、憶えること、感想など、問題を解くため、試験に合格するための目のを書く。書き込みって電子媒体だと気軽にできなかったり、書けたとしても見難かったりするので、僕としては手書き派。
 
 
 大学で勉強している時には、専門書に思いっきり書き込みしていて、忘れてはいけない部分にマーカーを引いて、かなり自分なりに汚していた。この『汚し』が結構有用で、視覚情報に繋がるとか憶えていることが多い。今でも、ある分野に関しては、頭にこびりついていたりする。
 
 
 勉強の大部分て、最初は暗記だから、憶えるって意味では手書きってすごく重要だと思う。教科書などが分厚い場合だと、通学・通勤時に勉強できないから、小さいノートにポイントを書き込んで勉強するってこともあったし、色々と便利。
 
 
 小学校の頃から染み込んだ慣れ・癖みたいなものなんだけど、それをしっかり実践するのって中々できかなかったりする。僕としては、勉強する時には手で書くことってすごく重要だと感じている。理系出身だからこそ、数式とか書きまくった影響なのかもしれない。
 
 
 数式って手で書きまくらないと中々理解できないし、数式を展開する時には、書いて憶えないと身に付かなかったりする。天才は別だと思うけど、僕は書きまくって憶えたから、手書きってすごく重要だと思うんだ。
 
 
 別にパソコンやスマホで勉強することを否定する気はないけど、僕の体験では、勉強にかんしては手書きがいいと思う。勉強のアウトプットは試験や書類作成になるから、仕事で必要な場合には、しっかりと自分なりの手書きの書き方を頭に入れておくといいと思う。
 
 
 でも、手書きといっても、単語とか何回も書くのはしんどいから合わない人はやめた方がいいと思う。あれは昔から結構苦痛だった。まあ、何回も書くと憶えることもあるけど、僕は3回ぐらい書いたものをジーッと見たり、音読したりしてた。
 
 
 手書きVSワープロみたいな構図は嫌だと思うし、この記事の内容の本質ではない。どちらにもメリット・デメリットがあるわけで、それを上手いこと使っていくのが、僕らの仕事じゃないかな。技術は人によって、昇華されるわけだから。しっかりとその辺を考えていきたいと思う。
 
 
 アウトプットの一つとして、勉強に対する試験・資料作りも存在している。その中で手書きという手法があって、勉強するという観点からは手書きしたほうがいいと思う。書き込みをしやすいし、ノートも無くすことも電子ファイルに比べれば少ないから。