Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

魅力あるコンビニ『中華まん』とは何?

f:id:naoto5511:20180304002749j:plain


秋になって、夜は肌寒くなってきます。冬に刻一刻と近づいていますけど、寒いと出歩くのも億劫になるので、近場のコンビニで済ますこともあります。会社帰りなんかに、「中華マン」を買う方もいるんじゃないでしょうか?そんな中華まん、意外な苦戦を強いられていたそうです。

newswitch.jp
僕としては、中華まんってそんなに好きじゃない。高校生の頃は美味しく感じられたけど、大人になってからは、中華マンよりもコンビニ冷凍食品が好きになったのでそちらをよく購入しています。手軽よりも、味と量にメインを置いた結果です。
 コンビニの中華まん、特にファミマが好評の模様。ただ、ファミマって尖った中華マンが多いからそれが功を奏しているんじゃないかな。スライムまんとか懐かしい。中華マン一辺倒ではなくて、かなり尖った製品が大切になってくるのではないでしょうか。
 レジ横に中華まんがあるので、買う人は多いと思います。だけど、スイーツや冷凍食品、お弁当など、それ以上に魅力ある食品が多いです。コンビニ店舗も数多く、5万件を超えています(2017年調べ)。
 僕からしたら、魅力ある中華まんとは『尖ったもの』なので、普通よりも奇抜さを狙ってほしいかなと思います。