Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

残業が多い職業とは?

 僕が残業が多いと思う職業は、プログラマーや商社マンというイメージ。テレビで某商社のCMを放送していたけど、深夜に外国の方とテレビ会議をして、夜が明けた社内で仕事を続けるというものだった。昼はメーカーらしき場所に行っていたけど、すごく大変そうな業界ではあった。僕の体力では無理だなあと思ったし、問題が発声すれば深夜でも仕事をしないといけないプログラマーも同じように感じた。

 『24時間働けますか?』という言葉が流行ったように覚えているんだけど、今の感覚だとブラック認定必須のヤバい企業というのが世間の認識。平均残業時間が45時間でも、社員によっては月100時間という場合もあっただろうし、残業って何なのでしょうね?別に仕事のスピードが遅いというわけではなくて、客先の都合で深夜まで残業というのは良く聞く話だし、僕も経験がある。

 働き方改革で規制が厳しくなっているけど、大企業は守るとして、それ以外の企業は守っていたら業績が悪くなってしまう。まあ、残業によって大金が貰えるというのならいいけど、残業代がないということもある。裁量労働制というキーワードが世の中を騒がせたけど、それも緩和されていくかもしれない。残業というのは、バブル時代は当たり前だったけど、今はブラック企業の象徴みたいな扱いをされる。やっぱりお金がポイントだと思うんだけどね。

関連サイト

newswitch.jp

www.itmedia.co.jp

news.careerconnection.jp