Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

【仕事】いやいや仕事をするなんて勿体ない!とことんハマることで何かに目覚める

 いやいや仕事をすることは大切なのだろうか?社会の一因として、企業に勤めて、仕事をして、給料を貰う。そうやって日本は成長してきたし、戦後に中流階級も増えて、みんな豊かになった。20世紀の終わりから不景気になり、今でも一部以外には不景気の影響が続いている。だからこそ嫌々でも仕事をしないと生活するだけでも難しくなる。

 確かに、嫌々仕事することはある。だけど、企業にとっては歯車の一つとして、社員の一員として色んな仕事をやってほしい。社員が勝手に仕事をしていたら会社は回らないし、経済は無茶苦茶になる。例外的な人は自分の好きなことを仕事にできる。アスリートや研究者など、まさにトップエリート層。ある程度、泥臭い仕事をするしかない。

 ただ、嫌々でもハマるように仕事をすると、意外をスキルを磨く糧になる。富士通が総務・経理などをSEや経営に回すというニュースがあった。中々に厳しい配置転換だが、総務・経理時代にエクセルを完全にマスターできるぐらい勉強していたらどうだろう?マクロを組むのはプログラムそのものだし、SEになってもその経験が活きる。一概には言えないが、自分の仕事で使っているソフトやスキルなどにハマることで嫌々な仕事を自分の好きな仕事に変えられる。