Naotoの日記

本・映画・時事に対して自分なりの感想を基本的に54字の倍数で書いてます。短い文章でシンプルな文章を心がけています。

【読書 11-⑨】:『ゼロ秒思考』-A4用紙にメモを書く技術

A4用紙にメモをただひたすら書くというのは分かりやすくていい。最初に読んだ時に、すごく面白いと思ったし、シンプルなので長く続きそうだとは思った。疑問(〜?)を書いて、そこ答えを4つぐらい箇条書きにするだけのシンプルな方法。ネットにも褒めているブロガーがいるので、みんなも認める方法なのだなと思ったりもした。

■過去の関連記事

【読書 11-①】:『風が強く吹いている 』-箱根駅伝と大学生の青春

【読書 11-②】:『思考の整理学』-東大や京大で売れている本

【読書 11-③】:『物理学とは何だろうか(上)』-理系大学生向けの本

【読書 11-④】:『アウトプット大全』-アウトプットの辞書

【読書 11-⑤】:『君は月夜に光り輝く』-王道の恋愛小説

【読書 11-⑥】:『ソーシャルメディア文章術』-SNSの基本が分かる

【読書 11-⑦】:『モダンタイムス(上)』-検索から始める恐怖

【読書 11-⑧】:『響け! ユーフォニアム』-キャラを掘り下げる短編集

必要なものはコピー用紙とボールペンだけでいいし、値段もそれほど気にならない。毎日10分間メモを書くだけでいいので、気持ち的にはすごく楽。たまっていくメモをファイリングしていることで達成感を得られるというのもオススメポイントではある。目的があって、何かを解決したい!とはふんわりと誰もが思っていることだけど、それを言語化することに意味があるのかなと。

面倒くさくないから、僕もマネをしていた。今は自己流のメモ術になってしまったけど、ストレス発散と頭がよくなる気がするから精神衛生上とても満足できる方法である。何でもそうだけど、簡単な方法でないと長く続かない。簡単と言っても、『自分が簡単と思う方法』が一番大事で、継続するには自分がやって楽しめる方法でないといけないと思う。

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング