Ramble Study

Reading Anime Movie Blog Life Enjoy

コンビニでも売っていないマスク不足について

新型コロナウイルスによって、マスクにも影響が出ている。コンビニにもマスクが少なくなっていて、多種多様なものが買えるコンビニでマスク不足というのは、新型ウイルスの脅威の一端を垣間みることができた。マスクは目に見えない雑菌やウイルスから身を守るものとして日常的なものだが、いざ不足となると、一気に不安になるのは仕方がないかもしれない。何だかんだ言っても、病気が流行している時にマスクがあるのとないのとでは精神的な安心の有無にすごく関係が出てくる。ドラッグストアでまず買い占めが起こり、次にコンビでマスクがなくなってきているという実感がある。

マスク品薄「当分入荷はない」 会社の指示で大量買いも(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

headlines.yahoo.co.jp

数日前では、レジ前に3つ入りのマスクが山のように並んでいたのに、昨日今日でそれも見当たらない。石油ショックにおいて、ティッシュがなくなった話を歴史の授業で聞いたことがあるが、それに近い状況かもしれない。なくても困ることはないが、病気に罹るリスクが増加するので、あって困ることはない。だからこそ、転売屋が儲かるのだが、ニュースを読んでいると、転売のマスクも売れなくなってきているようで、マスクも徐々に供給されているようだ。ある意味、危機的状況な時に、お金か、命かを優先するという心の動きが見て取れてしまって、人間性に関連して少し複雑な気分になる。