人生のおつまみ

好きなことを基本的にはコラム形式で書いています。スポーツ、アニメ、書籍、産業をネタにしています。

「この世界の片隅に」を観て、イメージを違う昭和の時代への描写がすごいと感じた

テレビでは、この世界の片隅にの放送があったらしい。ネットニュースにもなっていたし、この季節になると思い出すことがある。戦争の事は子供の頃に教えてもらって、結構恐怖もあったが、歴史的な事実として勉強した思い出がある。とはいえ、まだ100年も経っていない歴史であり、色んな意見があると思う。

そこに「この世界の片隅に」という映画が出てきたことで、議論が深まったとも言える。ほのぼのとした序盤の雰囲気から、終盤にかけての戦争の悲惨さ、冷酷さを伝える描写は、起承転結の『転』が強すぎて印象に残ってしまう程だ。

この世界の片隅に

この世界の片隅に

  • メディア: Prime Video
 

この世界の片隅に」は戦前から太平洋戦争終戦直後までを描いているアニメ映画で、庶民視点から戦争をダイレクトに描いた作品となっている。特集などを動画や記事で見ると、当時広島に在住していた方達から話をしっかりを聞いて、それを劇中に反映させているのが見事だと思った。

特に序盤の戦争の足音が忍び寄っていないシーンでは、デパート前を行き会う人や豪華な食事など、現代とそれほど変化していない日常を描いていて、それに対してビックリする人が多いかもしれない。戦前は『豊か』のイメージがなかったのだが、しっかりと豊かな時代があったという証拠だ。終戦の日が近いが、幅広い世代に受け入れられた、かなり考えさせられる作品だ。