人生のおつまみ

好きなことを基本的にはコラム形式で書いています。スポーツ、アニメ、書籍、産業をネタにしています。

フォークボールをスパコンで解析すると、メカニズムが分かった

野球の変化球をして有名なフォークボールは、球の縫い目による空気抵抗が関係して力が加わっていることが分かりました。解析したのは、東京工業大学九州大学の研究グールプ。これまでは、指で挟むこむ特有な握り方のボールで、打者の手元で落ちるような変化球ですが、詳しいメカニズムは不明でした。青木教授などのグループは、硬式のボールを想定して、球の回転と縫い目にどのよう力がかかるのかをスーパーコンピュータを用いてシミュレーションしています。縫い目の向きによって、空気抵抗の力がかかる方向が変化して揚力特性から下向きの力がかかることが分かったそうです。また、球の回転数が少ないほど、下向きに大きな力がかかることも確認できたそうです。実際には、151キロのストレートよりも、フォークボールの方が30cm落ちる結果となり、相当な落差になっています。球の回転と縫い目の関係は、野球選手の話や著書などから経験的に分かっていましたが、具体的なデータが出てきて、より理論的に投げれるようになるかもしれません。