人生のおつまみ

好きなことを基本的にはコラム形式で書いています。スポーツ、アニメ、書籍、産業をネタにしています。

本当の効果のある速読法の反復読み

効果のある速読法は反復法だとずっと思っている。知らない知識があっても何度も本を読み返せばそれは自分の中で理解できるようになる。日本語でも英語でも何度も見返すことが重要であり、仕事でも同じ。何度も同じ行動・操作をしていると熟練して仕事ができるようになるし、それに灯って知識も自然と増えて行く。反復って大事だなあと思わずにはいられない。

#速読法#速読#読書#学習効果#受験生#青ペン勉強法#難関大学#勉強#通信講座#メリット#ビジネス書#有名速読法#速読の基礎知識#能力#知識#知識量#疲れる#本を購入する#小説#デメリット#フォトリーディング#国内の達人#メンタルトレーニング#短期記憶#長期記憶#効果#マスター#トレーニング#練習#素早く本を読みたいという欲望#子供#親子#英語#受験勉強#1分間で読める文章量#定義#試験#本を読む速度#どのぐらいの速度で本を読む必要があるのか#読み方#眼球の動き#右脳#ひらめきとイメージ#左脳#言語や論理#感覚的と論理的#専門書の読み方#読む速さと得るもの#1分間で1冊を読みたい欲求#速読の効果#結論#論文を書く#論文のデータ#読むスピードを上げると、内容は頭に入ってこない#トレードオフ#理解とスピード#テキスト#簡単#わからないものを読む#内容の意味合い#読むべき本を見つけるために速読は非常に重要#スキミングという拾い読み#表紙とカバーと目次でビジネス書などの内容は6割程度わかる#1冊の本の文字数は10万文字以上か#著者と出版社#紹介文の本#書店で本を見つける#速読の本は山のようにある#タイトルを見るだけで本の内容は意外に入ってくる#読み飛ばすことも大事#キャッチコピーが本の重要な要素#集中力#すべてを読むこみ#本文と目次の関係#読者を意識して書かれてある本#面白い本は意外に多い#面白い本は案外わからないもの#書店には数多くの速読本が売られている#子供でもできる方法が役に立つ#大人になると国語の授業で受けた教育法があっても邪魔をするから面倒くさい#面倒でもやる気を出してする#仕事に活かせるなら速読法も悪くない#速読法で便利な方法もある#目で文章を追うだけで結構頭に入る#専門書の場合は何度も読むことが大事#専門書は知らない単語が出てくる#知らない単語が出てきたら調べて頭に入れる#速読の一番の早道は反復法#知っている単語があるだけで速読法はうまくいく#楽しい速読法は便利#楽しく本を読むことが一番でしんどい思いをして読む必要はまったくない#苦しい読書法をすると本を嫌いになる#嫌いになると本を読まなくなってしまう#読まないと知識を得る機会が減る#とはいえ読書以外にも知識を得る方法はたくさんある#考え方が固定されると知識の吸収がゆっくりになる#知識は好きな知識を一気に仕入れる法がいい

死ぬほど読めて忘れない高速読書