Naotoのブログ解析

色んなブログやニュースを見て自分の意見を言う

野球選手のプライドと引退について語ってみる 独立リーグも立派な挑戦の場所

野球選手の引退って何なんでしょうね。

まだ活躍できるなら自分から売り込めばいいのにと思う。

headlines.yahoo.co.jp

 

これは松中選手に言っていることではなくて、

野球選手はみんな売り込みが下手なのかなあと。

松中選手は去年2軍で打ちまくっていましたし、

実績もあって、売り込むことは十分可能。

 

代打として欲しがる球団もいると思いますし、

実際に楽天イーグルスが動きそうになったと聞きます。

もっと自分を売り込まないと引退するしかないですよ。

 

中村ノリさんも同じですけど、トライアウトに出なかったのはなぜか。

まあ、球団と交渉していて8割獲得が決まっていないと

トライアウトに出ても意味ないらしいですけど、

調子の良さを見せるにはそれしかないです。

 

だって、トライアウトが終わったら、自分の実力を見せる場所がなくなるから。

国内リーグは終わっていますし、完全なオフシーズンに突入。

気を逸しているといか思えない選択でした。

 

 

育成選手独立リーグの拒否も分からなくて、

僕の最後の勝負の場所ではないと言いますけど、

もう勝負してもらえる場所が限られている。

練習もいいですけど、とにかく球団に足を運ばないと。

 

結局プライドなんでしょうね。実績のある俺が底辺の独立に行くなんて!

ってこと。ただ、それだけでしょう。

藤川球児みたいに、調整と成長を兼ねて挑戦すればいいのに。

何か変なプライドみたいなものがあって、変に感じます。

 

ソフトバンクからは引退して首脳陣入りも打診されていたとかなんとか。

事実は分かりませんけど、現状そちらの方が良い選択肢だったのかも。

楽天に入団した栗原と違って、トライアウトの時点で話がないのですから、

もう他球団への移籍はかなり厳しい。

練習するよりも、自分から売り込まないと。

 

何か日本的なものを感じます。

自分には実力があるので、あちらから声がかかるはず。

そんな心の声が聞こえてきそうです。

 

私は松中選手は好きですし、楽天ファンの私としては恐怖でした。

その名選手の引退までのカウントダウンが始まっているなんて。

若手のためといいますけど、育成・独立リーグは若手の場所ではないですよ?

勝負したい人が挑戦するための枠でありリーグである。

 

そこをプライドが邪魔して挑戦しないというのは変に思います。

代理人でもなんでも雇って、積極的に売り込まないと意味ないですよ。

折角の名選手がこんな最後は悲しすぎます。

若手のためというなら、今の現状も若手と同じ。

実績があっても、スタートラインにいることは変わりないわけなんで。