人生のおつまみ

好きなことを基本的にはコラム形式で書いています。スポーツ、アニメ、書籍、産業をネタにしています。

ハズキルーペのCMを見かけなくなったのはアメリカ式の戦略か

ユーザーからまいどなニュース編集部に「ハズキルーペのCMをテレビで最近見なくなったのはなぜか?」という質問が寄せられた。CMを楽しみにしていたというが、最近はテレビで見ることがなくなったとして「あれだけ放送されていたのに」と不思議に思っているという。

ハズキルーペ、だ~い好き」のCM

ハズキルーペのCMが一時期話題になっていました。商品名を有名俳優に連呼させる手法は賛否両論ですが、印象に残りやすいCMとしてネットでも話題でした。別に気にはしていなかったですが、気づくと眼鏡専門店などで見かけることが多くなり、いつの間にか浸透しています。仕事場や街中でもつけている人を見た事がありますから、結構使える眼鏡というかルーペであり、細かいものでもハッキリと見えるという利点があるので付けている人が多くなっているんだと思います。とはいえ。CMそのものは好き嫌いが別れると思うので、感情的にか買わない人も多いかもしれません。

“広告費100億円”とCMの大量投下

なりの広告費を投入していたそうで、100億円と会長が豪語していたそうです。確かにあれほど話題になるには、かなりの広告費が必要ですし、結局お金はパワーになるのですごい金額を使っています。だからこそ、耳にも目にも残るようになりますから、間違ってはいないと思います。金額が大きいですが、モノを大きく大量に売るにはこれほどのお金が必要ってことなんでしょうね。お金を大きく使える立場になると分かるかもしれませんが、まさにアメリカ式と言われても不思議となっとくしてしまいます。

デパートやホームセンターなど、全国での販売店も増えた

商品のCMを大量に打って認知度が取れたらやめる

まあ、ホームセンターでも販売されているそうですから、まさに知名度という意味では相当浸透しています。形状が似ている眼鏡も出てきていて、「あ、ハズキルーペだ」と間違えたりもしたことがありますけど、普通に単語として口から出るぐらい有名になったということでしょうね。ある一つの商品をCMに広告費を大量に打って、そこから大量に売って、認知度が取れたらサッと引いて行く。これがアメリカ式だそうで、日本でも新商品販売時には大量に広告を打つので結構有力な手法なんだと思います。やり方はどうあれ記憶に残ることは間違いないですし。

テレビで獲得できる視聴者を十分獲得できた

スポンサー番組は月47→週1に激減

まあ、テレビで十分に視聴者を獲得できたということで、場b組のスポンサーを降りたのでしょうね。一つの商品を売って、ハズキルーペの認知拡大という目的という意味で大成功でしょう。テレビを見る世代に買ってほしいからこそのCMでしょうし、一度売ってしまえば、派生商品も売りやすくなります。今でも記憶に残るようなCMですが、やっぱり数は力、資本力こそ力というのはよく理解できました。戦略的には大成功だったと感じます。まあ、ハズキルーペを連呼するやり方は昔日本でも行われていたかもしれませんが、今だと不快感を抱く人がいるかもしれません。

今日のまとめ

ハズキルーペは性能的にはすごくいい眼鏡だと思います。まあ、ルーペなんで細かいものを見る分にはすごく使えます。実験とかモノづくりの作業とかそーゆー時にも。検査とか図面作成、プログラミング、読書など使える範囲はすごく広いです。目が悪くなっても、これを使えば新聞も読めますし、結構便利。少し高い気もしますけど、眼鏡自体が安くなっているのでそう感じるのだと思います。高い眼鏡だと普通に3万円を越えるとかありますから、性能的に、実用的な商品としてハズキルーペは便利なアイテムだと思います。見たらあのCMを思い出すのはかなり戦略的にいいなあと思ったりも。

Hazuki ハズキルーペ ラージ 1.6倍 クリアレンズ 黒

 

 

 

2月2日節分での「鬼滅の刃」家でお父さんがグッズに受難?

気づくともう1月下旬。「聞いてないよ!」の気分ですが、スーパーなどでは2月2日の節分に向けて「鬼」の顔が並び始めました。しかし、いまこの日本で「鬼」といえば……そう、「鬼滅の刃」です。鬼と“戦いまくる”作品が大ヒットする中、鬼を“はらう”節分は一体どんなことになるのか。

鬼滅話題の年に2月2日節分が来る

今年は37年ぶりに節分が2月2日になります。次は100年以上先なのですごく珍しい節分となりました。そんな時に話題になっているので「鬼滅の刃」です。節分では鬼がある意味で主役ですが、同じく鬼が主役な「鬼滅の刃」となります。家だと今年は鬼役をすると、おもちゃの刀で殴られたりすると思うので、グッズでお金を使うことに合わせてかなり受難の年になります。恵方巻は去年の12月には予約で完売していたのですが、スーパーでは類似商品が販売されていて、お父さんの苦労が目に見えてきます。それにしても、今年の節分商品には刀が付いているんですね。鬼滅の刃の影響力って大きいな。

節分と言えば鬼。鬼と言えば鬼滅の刃

一昨年前は、節分と言えば鬼と豆まきでしたけど、今年からは鬼滅の刃が入ってきたので一気に華やかなイベントになりそうです。子供達がさらにワクワクするイベントになるとも思います。とはいえ、毎年恵方巻きのノルマがコンビニにあって、それがブラック企業の仕事だ!みたいに議論になるわけですが、今年は鬼滅コラボの恵方巻きに関しては売り切れで、ノルマどころかもっと販売してくれという声があるみたいです。僕も予約できませんでしたし、こーゆー人気アニメで、しかも節分との相性が抜群となるとノルマ以上に販売したいというのが本部の意見だと思います。

スーパーに日輪刀・鬼のお面・豆のセットが販売

スーパーにこんなセットが売っているんですね。今年から刀もセットになって子供がかなり喜ぶイベントになりそうです。人気キャラの炭治郎やカナヲなどみんな色違いの刀を持っているので、どんなセットでも売れるというのが今年の特異的な印象です。毎年豆は買いますけど、今年は刀セットは買えそうにないです。刀は1万円程度のDX版が販売されたそうですが、刀のレプリカなども売れるかもしれません。刀という日本独自のものが話題になっているなんて、未来は分かりませんね。子供がかなり喜ぶ節分です。

豆を投げるよりも頸を落とす時代か?

ちょっと怖いですが、豆を投げるよりも刀で頸を落とす時代みたいなイメージになった感があります。リンクの漫画にも書かれていますけど、節分には刀が新しいイメージとして追加された感じがありますね。日輪刀に見立てられたおもちゃの刀で、既存の商品と組み合わせるだけで、売れる商品になるなんて鬼滅様々です。鬼滅の文字が入ると著作権料が発生すると思うのですが、単なるおもちゃの刀だけなら別に鬼滅とコラボしているわけではないので、結構思いきったでも節分らしい商品になっています。アイディアというか大人の事情というか、鬼滅と関係づけるだけで売れるタイミングで、コロナの影響もあってお家時間も増えているのでスーパーとしては売り時でしょう。

今日のまとめ

無惨様が言う「理由はひとつ。鬼狩りは異常者の集まりだからだ」

まあ、漫画のネタですけど、今年はお父さんが鬼になって子供達から刀で狙われるのかなあと思ったりもします。無惨様の台詞ですけど、鬼狩りの特性を表した台詞だと思います。早くアニメで聞きたいなあと思ったりもして、鬼滅を象徴する台詞の一つです。今年の節分は2月2日で非常に珍しい次は100年以上先というすごい日で、しかも鬼滅が話題になっているという偶然。節分はこれから刀セットで売られるのでしょうかね?割と刀は人気だったりするので、おもちゃの刀をつけた商品が来年以降も乱立されそうです。まあ、2期のアニメのタイミング次第ですが。早く制作しないとライトなファンが他に移ってブームが去ってしまいそうです。

鬼滅の刃 21 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

鬼滅の刃 DX日輪刀

鬼滅の刃 DX日輪刀

  • 発売日: 2020/10/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー