Ramble Study

Reading Anime Movie Blog Life Enjoy

『響け!ユーフォムニア』の感想-吹奏楽部内人間関係を描いた京アニのアニメ。先輩と後輩の関係、それに実力主義。

一挙放送していたので、感じたことを書いてみた。部活で頑張っていた時期もあったから、共感できる部分もあったけど、厳しい場面もあった。作画レベルも高く、感情移入も出来る作品だった。高校生と言っても色んな人間がいるなと感じた。

高校での吹奏楽

 

  • 体育会系とも言われるらしい部活なのだけど、練習練習練習だからの苦しい活動に思えた。達成した時の快感はあるけど、府大会で金賞を取っても全国に行けない場合があって、その時の部活内のモヤモヤがあるのではないかと気になってしまう。

  • エンジョイ(楽しむ)とガチ(勝つ)とどちらかを選択するかで部活の空気は変わってくるけど、ガチで全国を目指すとなると捨てないといけないものが多く出てくる。放課後の18〜19時までの練習、長期休みに毎日通学して練習など非常に厳しい活動になるのを見て、キツいなあと思ってしまった。

  • 去年までエンジョイで、顧問が変わったからガチになったというのは中々受け入れ難い生徒もいると思う。ガチ部活になると遊ぶ暇もないし、失敗したときのギスギス感も出てきてしまうから。とはいえ、年功序列みたいな空気になってしまう場合もあって、どちらがいいのかというのは答えが出ない。

  • ガチになったとして、全国に行ければいいけど、そうでないと部活内の空気はどうなるのだろうと思った。劇中で表現されているけど、勝つからこそ1年生でもコンクールに出れる実力主義が許されるわけで、頑張っても全国に行けないなら部活内はかなり揉めるだろうなと感じた。

  • なので、顧問の力量が試されてしまう。厳しくして全国に行けないとか全然よくならないとかだと生徒と顧問との信頼感にも表れてしまう。このアニメや原作を見ていると、一人のレベルが高くても、指揮者になる顧問のレベルが高くないと勝つのは難しいように思う。

実力主義

 

  • 劇中で描写されているが、実力主義というのは一つ問題になってくる。3年間頑張っても、1年に才能豊かな生徒がいると、コンクールに出れなくなるというのは想像に難しくない。人望=実力ではないし、それは間違いでもない。ただ、人情的な部分に注目してしまうため難しい問題だ。

  • そりゃ社会に出ると実力主義は当然になるのだけど、高校生の時点をこれを経験するとトラウマになるのかもしれない。苦労して練習してそれでも駄目だったときの敗北感が凄くなる。納得できる部分とできない部分があるから。

  • 強豪校に入学して全国を目指すやる気があるなら問題ないが、ごく普通の公立校で、全国に出れるか分からないレベルならどうなるのだろうと思った。頑張って3年生に励まされても、それでも銀賞だと、「これなら3年生出してあげても良かったね」となってしまう。

  • この辺が、実力主義の難しい部分で、どんなに個々のレベルが高くても、指揮者の技量で決まる部分もあるし、劇中では、関西大会で金賞を取った中の3校のみが全国に行けるので、金賞を取っても全国にいけないという可能性がある。

  • 見ていると客観的よりも、主観的な要素があるので、同じ金賞でも全国に出れないというのは少し理不尽だと思った。それなら、白金賞を作ればすぐに分かるのに。とはいえ、僕でも思いつくことなんだから、当事者は色んな試行錯誤をしたはず。金賞で、最後に3校の発表の方が盛り上がるのだろうね。

先輩・後輩の上下関係

 

  • 先輩と後輩の上下関係というのが気になった。別にギスギスした雰囲気はないのだけど、卒業した先輩がやる気ある後輩を無視したりして、かなり怖いなと感じた。まあ、実際にあると思うけど、アニメの声付きで表現されると色々考えてしまった、ネガティブになってくる。

  • きちんと実力ある先輩が後輩を教えるのが理想だけど、そう上手くはいかない。教える方からしたら「何でできないの?」と思ってしまう人もいるわけで、誰が先輩になるかで未来が決まってしまう部分がある。高校入学から始めた人と子供の時からやってきた人だと、教え方も違ってくるように思う。

  • 先輩・後輩間の問題はどの部活でもあるけど、だからこそ物語にしやすい。何も障害がなく、スムーズに物語が進んでしまうと何の面白みもない。人間間のやり取りがコミュニケーションなわけだから、立場の異なる人間との間の話は作品の題材になりうる。

  • 「下手な3年生は罪」みたいな台詞があるのだけど、1年生からしたらコンクールに出れるか微妙な先輩で、しかも人望もあって、自分もある程度信頼している相手だと、コンクールに自分が出るべきか迷ってしまうと感じた。出場しても、もし結果が芳しくなかったら、矢面に自分が立たされてしまうから。

  • 結局、才能、実力、人望はあまり関係なく、特に部活という特異な空間での共同作業・活動なので、先輩・後輩問題は非常に難しい。あちらを立てるとこちらが立たず的なことあり、だからこそ、将来に働く時のために部活に入っておくというのは、合理的な手段なのかもしれないな。

吹奏楽・音楽への信念

 

  • 生徒が吹奏楽への信念を持っているのが強烈に伝わってきた。ほんわかエンジョイ部活ではなく、吹奏楽部として全国に行こう!という想いは共感できるし、美しい、尊い高校野球でも、その正直さ、真面目さ、まっすぐさが伝わってくるけど、吹奏楽部でも同じということだ。

  • 最初は、普通の部活で、全国を目指すわけではなくほんわかと楽しくやれば良いという生徒がほとんどだった。それがわずか数ヶ月で全国を目指そうとする部活に生まれかわる姿は、少し現実味がなかったけど、顧問によってはやる気を引きだされるから割とあることなのかもしれない。

  • これまで府大会止まりだったのが、練習すればするほど、関西大会、全国大会へと進むことができるようになって、それが生徒のやる気に繋がっていた。努力してそれが結果に繋がるというのは中々ないことだけど、それが達成されるとやる気は無限に出てくると思う。

  • その中で大切に思ったのは、部長と副部長の役割だ。部長は部内のとりまとめ、副部長は部長のサポートと問題の洗い出し、さらに個々のリーダーとの緻密な連携など、会社の管理職の仕事そのままだ。原作では、主人公の黄前久美子の3年間が描かれていて、いずれも一癖あるが有能な部長と副部長が出てくる。

  • 部活って、顧問だけではなくて、部長と副部長の役割が大切だし、もめ事の9割は人間関係なので、年齢が近い部長達がどう諌めるかがポイントになる。楽器の演奏も大切なんだけど、人間関係によって演奏の出来も変わってくる。作品の魅力はこの人間関係をどのように解決するのかにかかっていると思う。

 

「響け! ユーフォニアム2」Blu-ray BOX

 

「響け! ユーフォニアム2」Blu-ray BOX

「響け! ユーフォニアム2」Blu-ray BOX

  • 発売日: 2019/04/03
  • メディア: Blu-ray
 

 

「響け! ユーフォニアム」Blu-ray BOX

「響け! ユーフォニアム」Blu-ray BOX

  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

『新型コロナ』についてのニュースをまとめてみた

コロナが気になったので、ニュースを読みながらまとめてみた。割と難しい状況でどうなるのだろうか。(4/1時点)

コロナ関連ニュース

政府関係

  • 全世帯に布マスク2枚配布。
  • 4月中旬以降、感染者の多い都道府県から順次開始。
  • 日本医師会が「医療危機的状況宣言」
  • 日本医師会の横倉義武会長が「感染爆発が起きてからでは遅い」と苦言を呈する。
  • コロナへの対策は2週間後に結果が表れる。
  • 観戦爆発が起こってからでは遅い。
  • これまで経験したことがない多くの資源を注入している。
  • コロナ以外の疫病の治療も継続しているという危機的状況。
  • 4/1時点で安倍首相は直ちにロックダウン(都市封鎖)ということはないとコメント。
  • 日本はフランスのようなロックダウンはできない。
  • 法制上、強制力を持った措置には限界がある。
  • 日本では、外出自粛や施設の利用制限は要請レベルに留まる。
  • 日本は現状、戦後経験したことのない国難の状況。
  • 宣言を出すというのは、相当厳しい状況である。

専門家会議

  • 政府の専門家会議によると、コロナの自粛疲れで、一部の市民の警戒感が相当以上にゆるんでしまったと発言。
  • 3密は『密閉空間』「密集場所」「密接場面」
  • 爆発的な患者増加(オーバーシュート)が起こる前に医療現場が機能不全に陥ると予想。
  • 大きく感染拡大している地域は学校の一斉休校も選択肢の一つ。
  • 都市部を中心に感染者数が急増。
  • 東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫の5都府県は「今日明日にでも抜本的な対策を講じることが求められる」
  • 医療体制は爆発的感染が起こる前に機能不全に陥ることが予想されている。
  • 直近1週間で新たな感染者や感染経路不明の感染者が大幅に増えている。
  • 期間を明確にした外出自粛、多人数の集会への参加や会食を避ける必要がある。
  • 学校の一斉休校も検討するべき。
  • 東京では、2.5日ごとに患者数が倍増している。
  • 東京や大阪は感染拡大警戒地域に含まれる。

参考サイト

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』の感想・考察-MMOと異世界転生の関係性

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。(防振り)』を見てしまった。ニコニコ動画で最新話無料だったので、気楽に見ていたが、案外面白く、MMOの楽しさと理不尽さが可愛く表現されていた。キャラがかわいく、見ていて飽きないのが良かった。

楽しく見たので、感じたことを書いていこうと思う。

 

□MMOは極振りが最適?

 

MMOとは「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」なんだけど、同時に同じ場所で多人数でゲームをするということ。今はスマホゲー、ガチャゲーが定着したけど、一時期MMOもかなりの人気を誇っていた。今は同じことをPS4を使ってできるけど、普段知らない世界で、まったくの他人と会話したり冒険するのはすごく楽しかった。基本的にゲームは一人でするものだったから。

 

今回のテーマの『防振り』はまさにMMOの醍醐味を味わうことができる。まあ、ゲームとしては極振りが基本で、「攻撃や防御、素早さ」などのパラメーターを集中的に上げることであり、これをしないと器用貧乏になってしまって、戦闘でも勝つのに時間が掛かってしまう。現実の仕事でも、一つ強味があるとそれが武器になって資格なども取りやすくなったりするけど、何気に一点集中ってすごく大事だと思った。

 

ja.wikipedia.org

 

□キャラデザの勝利?

 

『防振り』はマジでキャラがカワイイ。最近またアニメファンになったのだけど、キャラデザが上手いなあと思った。カワイイのにゲームでは滅茶苦茶強くて無双しているギャップが非常に好感を持てる。人間ってギャップに弱いから、それを狙った設定とキャラデザなんだと感じた。変にリアルではなくて、これもかわいさ一点集中である。原作の絵も上手いのだけど、よくアニメでここまで落とし込んだなと感心してしまうぐらいだ。


アニメって作画がかなりのウエイトを占めると思っている。かわいいは正義という言葉通り、どんなキャラでもデザインがかっこ良かったり、かわいかったりしないと人気を得るのは難しい。何と言うか現実にはいないけど、アニメだからこそ許されるかわいさ。京アニのアニメを僕は代表的と捉えるけど、動かしやすく、尚かわいさも共存している。そんなキャラクターがアニメでは重要になってくる。

 

異世界転生ではない?

 

一つ言っておくと、このアニメは『異世界転生』ではない。異世界転生』とは、自分の世界とまったく異なる世界で無双する物語であり、そこでは主人公達が特殊なスキルで他を圧倒するというのが基本だ。今回の『防振り』はあくまで『ゲーム』の世界なので、本人の才能よりもゲームの設定に重きが置かれている。まあ、始まったばかりのゲームという設定なので、バグみたいなスキルを偶然手に入れてしまうという主人公補正はあるが、それがこの物語の基本であり、本質となっている。

 

ただ、適当に強いだけでは物語は始まらない。なんか現実を想起してしまうけど、一人の傑物が世界を動かしていくという人類の歴史ってすごいなあと思ってしまった。歴史的な要素はこのアニメにはないと思うけど、たった一人で切り開いて、仲間を作って物語を進めていくのはある種の才能であり、まさに主人公である。何かの分野で滅茶苦茶強いからこそ、物語だったり、歴史を動かせる。なんか哲学チックなことを考えさせられるアニメだった。


ちなみに主人公のメイプルは、友達が誘ってきたからゲームを始めている。それにのめり込んでしまって、ゲーム内で最強クラスになるというのは、友達に誘われてオーディンションに参加したら、優勝してしまって、芸能界で有名になってしまったという話を思い出してしまった。

 

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 (カドカワBOOKS)

 

 

『司書離れの問題』について-司書の仕事は好きから将来への見通しの問題へ

 □司書離れの問題について考える

司書は専門性が高いが、雇用が安定しないのが問題だと思う。前に『図書館は、いつも静かに騒がしい』という小説を読んだが、非正規雇用の司書のキーワードは憶えている。仕事は同じでも、給料に差があるとなると将来の見通しが立たない。いくら専門知識を有していても、経済力がないのでは未来に不安があるのは共感できる。本を売る場所ではなくて、あくまで本に対するサービスなので、一気に資金を調達できるようなビジネスモデルではないのかもしれない。

 

収入が安定しないと、将来を想像するのは難しいと思う。やりがいを求めて就職することもできるけど、それはブラック企業誕生の要因になるわけで、やはりお金というのは偉大である。偉大とはいいすぎかもしれないけど、お金がないと専門性を高めるために本を買うなどすることも難しくなる。司書はすごいなと思う反面、よほどの運とコネがないと生活するのは、難しいように感じる。夢のある職業だけど、夢だけでは食えないわけで、その専門知識を活かせるような副業を見つけることがいいのだけど。

 

www.gifu-np.co.jp

図書館は、いつも静かに騒がしい (SKYHIGH文庫)

図書館は、いつも静かに騒がしい (SKYHIGH文庫)

  • 作者:端島 凛
  • 発売日: 2017/07/10
  • メディア: 文庫
 

 

『CLANNAD』の感想-家族から人生へ

□『CLANNAD』とは?

CLANNAD』の一挙放送があったので見た。すごく久しぶりだが、相変わらずいいアニメだった。一人の男子が主役だが、高校生活、結婚、出産、子育てなど詰め込まれるだけの人生が詰まっている。10年前のアニメだが今見ても色あせてないのがすごい。さすがの京アニであり、keyである。4クール(1年間)と非常に長いのだけど、起承転結がはっきりしていて、長さを感じることはなかった。CLANNADは人生」は至言だと改めて思う。

 

キャラのデザインとしては人を選ぶと思うけど、いざ見始めるとそんなことは気にならない。声優の演技も秀逸で、見ていて思わず涙が漏れるシーンが何回もあった。特に、高校時代と子育て時代が本当に涙が止まらない。実際にはこんなに綺麗な物語のように人生は行かないのだけど、要所々々で感情移入してしまうのがこのアニメのすごさ。見ていると、何回も自分の人生がイメージされてしまう。人生をテーマにしていると感じるが、一人の人生、家族の人生ってすごいのだなあと思わされた。

CLANNAD AFTER STORY コンパクト・コレクション Blu-ray (初回限定生産)