読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naotoのブログ解析

色んなブログやニュースを見て自分の意見を言う

イギリスバーバリーとのライセンス契約が切れた三陽商会に次のブランドはあるのか?

経済

バーバリーは私もお世話になっていたブランド。カッコいいデザインと高級感があったので、大学の卒業式などでコートを、普段着としては半袖のシャツを使っていました。ただ、そのブランドイメージは簡単には作れないと思います。

英ブランド「バーバリー」の国内ライセンス契約が切れたアパレル大手の三陽商会は24日、2016年6月中間期の純損益見通しを下方修正した。従来のゼロから15億円の赤字に転落する。稼ぎ頭だったバーバリーの後継ブランドが育たず、暖冬による販売不振も重なった。

バーバリー契約切れの三陽商会、15億円赤字の見通し:朝日新聞デジタル

 三陽商会を知らない

三陽商会が赤字になったのはバーバリーの後継ブランドが育たなかったからです。簡単には行きませんよね。バーバリーといえば知っている人も多いと思いますけど、三陽商会と聞いてバーバリーと直結する人は少ないと思います。記事では、稼ぎ頭だったバーバリーの後継ブランドが育たなかったと書いていますけど、そんなの急には無理。育てるならバーバリーとの契約を切れない内にするべきだった。この辺りはバーバリー側との交渉で色々あったのでしょうね。シャープと同じように、一つの商品に特化してしまうと、それが不振になったり販売終了になったときにダメージが大きいですから。

 ブランドは育ちにくい

 三陽商会は次の主力を「マッキントッシュ ロンドン」としていたようですけど、知っている人自体が少ない状況。何せ、英バーバリーのライセンス契約が45年という長いスパンだったので、ブランド力を熟成させる意味でも非常に意味があった時間です。それを一朝一夕にしろというのが不可能。バーバリーのお店を100店舗も閉店させて、生まれ変わろうとした矢先の赤字。この状況では、再起は難しいです。バーバリーがあったからこその利益というしかない。何事も柱は何本も立てておくべきということですね。

これから先の三陽商会

正直な話、かなり辛い状況です。バーバリーが無くなった今、新しいブランドを作れというのが難しい問題です。いや、ブランドはあるのですけど、日本人に三陽バーバリーほどの知名度がない。圧倒的にない。しかも、価格は三陽バーバリーと同じぐらいなんですから、みんなが知っていないと勝負にならないです。一部のマニアだけが知っているブランドでは、相当価格の高い商品でないと利益を出すのが厳しい。私の勝手な考えですけど、三陽側にとってもバーバリーとのライセンス終了は予想外だったのではないでしょうか?いきなり柱が無くなるわけですし。さらに、三陽側にもおごりがあったのかもしれません。バーバリーが無くても売れる、アパレル業界で生きていけると傲慢に思ってしまった。そのツケがいまやってきているんでしょう。

 

売らずに売る技術 高級ブランドに学ぶ安売りせずに売る秘密

売らずに売る技術 高級ブランドに学ぶ安売りせずに売る秘密