ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

大人の勉強法とは?答えのない問題にはどうすれば良い?

大人になると
答えのない問題に直面しますね。

家庭の問題、仕事の問題、
子供の問題、お金の問題。

色々ありますが、
これは全部答えがないです。

調べると事例は載っていますが、
自分の状況だとどうしたらいいのか?
ということは書かれていません。

全部自分で考えることが
必要になってきます。

★★★

家庭の問題なら、
嫁姑問題。
同じ女性ということで

問題になりやすい。
家事の仕方で喧嘩になったりと
夫が家に帰りたくないという意見も聞いたことがあります。

まあ、自分で考えればいいんですよ。
色々調べて、どうしたらうまくいくんだろう?
と常に考えること。

ほとんどの問題は、男性視点で言えば
怠けているから。
面倒くさいことを避け続けた結果、

問題が大きくなって
手に負えなくなることが往々にあります。

とにかく、どうしたらいいか?
ということを考えて行動すること。

同僚に話してもいいですし、
弁護士などの専門家に意見を聞くのもいいでしょう。

要は、どうしたらいいのか?
何をしたら問題を解決するのか?
を真剣に考えること。

ほとんどの人は
どうしたら問題を避けて、
ストレスなく生活できるか?

という疑問に帰着しますから。

★★★

最近読んだ本の中では、
東大の先生の勉強法が書かれた本が
とっても印象に残りました。

答えを知るんじゃなくて、
自分なりに考えてそれを実行すること。

それが大事なんですよね。
調べて、行動して、解決する。

解決まではいかなくても、
何かしら改善します。

ただ、思うのは、答えのない問題に
自分なりの答えを出すのは
すごくストレスが溜まるということ。

慣れるまでは、とってもしんどいです。
そういう教育を受けてこなかったわけですから。

簡単な問題、
コンビニで一番売れている商品はなんだろう?とか
考えてみるのも立派な勉強となります。

自分なりの考え。
これが大事だと思いますね。