ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

【読書・感想】『週末陰陽師 ~とある保険営業の来世サポート~ 遠藤 遼』

あらすじ

 

楽しく生命保険がわかっちゃう!?
平日は冴えない保険営業、週末は天才陰陽師のオカルト×お仕事ストーリー、第二弾!
小笠原真備はお人よしな性格のせいで中々成績が上がらない生命保険の営業マン。だがその正体は武蔵野を中心に人知れず悪霊調伏をする、稀代の天才陰陽師だ。
真備は上司・前橋のマネージャー査定が危ういと聞き、気合を入れて営業に励む。早速、真備は以前、生霊化から救った桜子の紹介で、保険を見直したいという平山家を訪れる。保険契約について はスムーズに話が進んだが、ある霊能者の話題になった途端、桜子の体調が悪くなる。実は平山夫人は邪教霊に取り憑かれかけていて――!?

 

感想

 

陰陽師と営業

 

前作でも保険営業と陰陽師がテーマでしたけど、今作でも引き続き同じテーマになっています。

営業関連の話は詳しくないので、流し読みになってしまいましたが、陰陽師である主人公・真備が悪霊と対峙するシーンは想像して楽しかった。

営業をして、街の様子を窺いながら、陰陽師として仕事をする。結構相性の良い、職業なのかもしれません。

 

ヒロインの桜子

 

前作で、真備と姉弟子・ゆかりに助けられた桜子。霊力も高く、真備達のサポートにもなれる存在として描かれていました。

ゆかりによって、保険営業の教育も受けていて、将来は真備と保険営業をするのかな?物語の展開的には、保険のお客さんを桜子から紹介される形で進行していくて、重要なキャラクターになっています。

 

神を信じない女医の話に感動

 

後半の話で、神を信じない女医さんが出ています。医者で論理的・科学的に説明できない、幽霊や神を信じていないとのことでしたけど、実は背景があります。

医学生時代の出来事がきっかけなんですけど、王道で楽しむ読むことができました。前半の邪教霊の話が陰陽師的にはメインの話なんですけど、ストーリー的にはこちらが本編。

人間、善にも悪にもなるけれど、それは環境次第なんだと思いました。

 

保険の話は難しい

 

一つ思ったのが、「保険の話って難しい!」ってことです。保険の話が出てきますけど、中々内容が掴み難かったです。

私個人としては、保険には疎くて、噛み砕かれて書かれていますけど、陰陽師関連の話好きの私には難しかったです。自分が契約する時にはなれば勉強するんですけどね。

 

最後に

 

シリーズ化してほしい作品です。真備、ゆかり、桜子の関係性が面白くてストーリーも良かった。

真備の式神「梨華」の「あいあい」って言葉が印象に残っています。真備の過去も気になりますし、今後に期待しています。