Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

本当の自信を身につけるためには?

 自信をつけるのは意外に難しい。そもそも自信って何だろう?的な疑問まで出てくる。自信はそれまでやってきた努力と結果がバックグラウンドにあるというのは一つの意見だけど、だからこそ受験を突破してきた人は知らぬ間に大きな自信がつくことになる。

 もちろん全員ではないけど、大学に入って大きな企業に勤めている人は、何か底知れぬ自信みたいなものは感じる。例え間違っていたとしても自分の意見を積極的に言える人とか多いと感じる。でも、根拠のない自信というものも、習慣さえあれば養成することは可能だと思う。要は『成功体験』の有無の問題で、『俺ってこんだけやってきたらスゲー!!』ということを無意識に思えるぐらい熱中して何かをやればいい。

 僕の場合は、やる気が全然なかった時に、掃除なり料理なり洗濯なりを全力でしていると自然に自信のようなものがついてきた。もちろん一人暮らしの頃。ただ、一緒に人と暮らしていたりすると「そんなことで、誰でもできるじゃん!」と言われて心を折られたりするので、そんな時にはランニングとか身体を動かして、目に見える結果を出せる行動をするといい。記録が残るノートみたいなものを残しておくと最高ではある。だからこそ、食べたものをひたすら書き続けるダイエット日記には絶大な効果があるのだろう。

関連サイト

www.lifehacker.jp

diamond.jp

tabi-labo.com