ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

楽天イーグルスのこれから。大久保監督の手腕に期待したいが、1年でクビかもという焦り?

news.livedoor.com


楽天イーグルスがヤバいです。
大久保監督が率いての初年度。
勝てないですし、負け方もひどい。

楽天ファンからも
否定的な意見が見られます。

★★★

大久保監督の標榜する野球は
「機動力野球」ということになっています。
岡島や聖澤を有効使って

得点力を高める野球。
中軸がいなくても
勝てる野球ということで、大久保監督が

キャンプの時期から頻繁に話していました。

ただ、欠点がいくつかあって、
いくら機動力で塁に出ても、
ヒットでランナーを本塁に帰す人がいないと得点が取れません。

これは考えるとわかることで、
ここが問題と私は思っていました。
大久保監督の機動力野球というのは

「中軸のタイムリーヒットを打てるバッターがいない」
ということに変換されます。

機動力野球というのは
強力な中軸がいればこそなんですよ。

★★★

 

news.livedoor.com


2013年に楽天イーグルスは初優勝しました。
その時には、
田中、AJ、マギーがいたからこその優勝。

エースが抑え、
中軸が打つという
巨人のV9時代を彷彿とさせる野球でした。

助っ人が2人も当たり、
2人につなぐために
他の選手がつなぐ意識が出したために、打線が上手く機能しました。

その野球が私は理想だと思うんですよね。
チーム打率は.267でホームランは97本。
特にホームランは星野政権で一番の数字です。

楽天の戦術としては、
ランナーを出して、
2人の助っ人に返してもらうのが一番だと思います。

大久保監督はそれを見ていたはずなのに、
機動力野球をしようとしていますが、
今の戦力では厳しい。

当たりの外国人が2人いることが
前提条件なので、
補うのは中々に苦しい。

若手を成長させようにも、
数年では育ちません。

私は、外国人が3人もいるのだから、
1ヶ月ぐらい試してみるのもいいと思うのですが。

★★★

ネットで野球のまとめサイトを見ていると、
大久保監督は外国人監督と折り合いが悪いという意見を見ました。

楽天はサンチェスに2軍行きを命じたことで、
それが真実だったのかと思わせる行動。

この時期には、不振でも、
10試合ぐらいは様子を見るのが通常。

特にサンチェスは、
開幕戦で、1安打1四球なのに、
次の試合にベンチだったので、それに不満があるというニュースまで出る始末。

正直、大丈夫なのかなと。

大久保監督は、負けると、
100%私のせいと言いますが、
これはどうでしょう?

采配も野球に必要ですが、
自分が完全に悪いと言う人はあまり信用できないなと。

エラーした選手、打てない4番などは
実名で批判してもいいとは思います。
もちろん、柔らかく言う事は必要ですが。

ノムさん星野監督のように
実績がない分、批判できないというのはわかりますが、
もう少し、選手に対してコメントを出してもいいと思います。

正直、100%悪いという言葉は
二軍監督の時代に使ってほしい言葉。

一軍は結果がすべて。
だから、誰々が悪いとある程度きっちり言ってあげることで
選手に自分の責任を認識させるのが大切だと思います。

★★★

楽天ファンは戸惑っています。
星野野球を瓦解させるような
選手起用なので、びっくり・がっかりしています。

松井裕の抑え、
毎回固定されない打線、
マシンガン継投など

これまでの楽天には
無かったことなので、すごくストレスが溜まっています。

ツイッターでも
批判的なコメントも多くて、
大久保監督に対するコメントも辛辣。

悲観という言葉もSNSで出てきているので、
だんだん楽しめなくなってくるのではないかと。

星野監督との違うを意識しすぎてて、
泥沼にハマっている状態です。
聖澤や岡島を効果的に使うのはいいのですが、

藤田、銀次、嶋をもっともっと有効に使える
打順があるので、それを考慮してほしいなと。

★★★

 

news.livedoor.com


大久保監督のコメントを見ていると
士気が高い、モチベーションが高いという
コメントを出しています。

これもどうなのかと。
去年と全然違う野球で勝てないのに
士気が高いというのはどういうことでしょうか?

なんかごまかしているような気が。
選手も現実から目を背けていて、
監督も同じ状態。

そんなのプロのチームじゃないですよ。
もっとしっかりしてほしいですし、
選手からももっとコメントを出してほしい。

嶋もコメントを出して、
チームの状態をきっちりと
把握させてほしいという想いが私にあります。

★★★

投手は抑えがポイントなんですが、
それを松井裕にすることが話題になりましたね。
まさか、将来有望な松井を抑えにするなんて。

高卒2年目ですよ?
まだまだ成長できるのに
負担の大きい抑えに固定するのはいかがなものかと。

大久保監督は、
将来は先発に戻すと言っていましたが、
戻した時には、体に負担が掛かっているはず。

選手生命を短くさせるようなことは
してほしくなかった。

いくらチーム状況とはいえ、
中継ぎも安定していないチームで
抑えだけ固定しても、繋げられないですよ。

しかも、3月31日の本拠地開幕戦では、
負けているのに登板させました。
いくら地元開幕とはいえ、6連戦の最初で無理はさせてほしくないです。

ここから大久保監督の焦りみたなものを感じるので、
開幕数試合で焦る必要はないと思うのですが。

★★★

もしかしたら、大久保監督は成績が悪いと
今年1年限定の監督かもしれませんね。

田尾(1年)→野村(4年)→ブラウン(1年)→星野(4年)→大久保
とかなりわかりやすい監督交代となっています。

田尾監督もブラウン監督も
チームは最下位に沈んだので、
それが多大に影響していると思います。

私としては、
来年に大物監督を招聘するべく
大久保監督をまさしくワンポイントで登板させたと。

それを感じている
大久保監督が焦っていると仮定すると、
これまで野球がある程度理解できます。

去年に最下位の野球では勝てない。
助っ人も刷新された。
じゃあ、新しい野球で勝つしかないという思考。

可哀想だとは思いますが、
世の中から見ると、人気が高いとは言えない監督なので、
結果を出すしかない。

結果が出ないならば、
クビ。そういうことなのかも。

★★★

今年の楽天は本当にひどい。
正直、ファンから見ると苦痛です。

これまで築いてきた投手陣や野手陣が
崩壊しているので、
本当に困っています。

なんとかしてほしいですが、
焦りのある大久保監督にも難しいかもしれません。

いや、焦りはあってもいいけど、
打順はせめて固定させてほしい。
1番聖澤、2番藤田、3番銀次など、

うまくいっていた打順はいじらないのが
野球で勝つ鉄則。
星野監督みたいに助っ人とうまく関係を築いて、

打順にうまく循環が生まれるようにしてほしい。