ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

キラキラネームに対抗するシワシワネームだけど、命名したのは誰?

人の名前って重要ですよね。人生を決める自分の名前。親はすごく苦労して名付けてくれたと思うのですが、最近の親は適当に、カッコいい!面白い!みたいなペット感覚で名前を付けている感があります。

 

headlines.yahoo.co.jp


例えば、「皇帝(カイザー)」「龍飛伊(ルフィ)「光宙(ぴかちゅう)」学校の先生が可哀想に思えてきますね。どう考えて読めませんから。どういう気持ちで名付けたのかすごく気になります。

今はキラキラネームに対抗して、「シワシワネーム」なるものが注目されているみたいです。昔のように…男とか…子みたいな名前。昔ながらの名前なんですが、今はこれが定番とのこと。

確か、今でしょ!の林先生によると、高学歴の学生には、シワシワネームのような名前が多いそうです。確かに将来的に大企業や医者になる人がキラキラネームだと、戸惑いますよね。昔からある名前なら読めるものがほとんどなんで、読めない!と嘆く先生は減ると思います。

ただ、シワシワネームってつけた人は結構ひどいですね。キラキラネームは付ける名前が批判的でしたが、シワシワネームはそれ自体のネーミングセンスが変です。もうちょっとなんとかならなかったのかと。なんか、高齢者のイメージがありますね。

名前は、生きる上で絶対に必要で、自分の人生の代名詞とも言えるもの。シワシワな名前でも、人に認知される名前が一番だとは思いますが。