ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

子供の頃に流行ったポケモン!リザードンが好きだった♪

yamayoshi.hatenablog.com

 

けいろー (id:ornith) さんのポケモン記事。スマートニュースを見ていると出てきたので最後まで読ませてもらいました。ポケモンは懐かしいですけど、いまだに最新作が出ているソフト。子供から大人まで楽しめる作品になっています。

ポケモンが強いのは、今の30代が一番最初の「レッド」「グリーン」のダイレクト世代だからです。30代になると子供も小学生ぐらいになることも多くなるので、ポケモンでゲームで遊ぶように。親もポケモンを知っているので、親子で遊ぶことができます。

ちなみに、初期作は、「レッド」「グリーン」ですけど「ブルー」なんてものもありました。若い方は知らないと思いますけど、ブルーはコロコロコミックの限定販売で、とってもレアなソフトだったんですよ。余りの反響の多さで一般販売したとか。それぐらいポケモンは人気でした。

私はレッドをもっていましたけど、ヒトカゲリザードリザードンの流れは最高です。明らかにかっこ良くなっていきましたし。ただ、ジムリーダーのカスミのスターミーにはコテンパにやられますけど。レベル40ぐらいにしないと歯が立ちませんから。草ポケモンも弱かったですし、ピカチューでも厳しい。

思い出はたくさんありますけど、ポケモンはいまだに発売され続けています。外伝も多くあって、かなり面白い。東京や大阪などにはポケモンセンターがあって、専用グッズがあったりしてとても面白いです。ポケモンキラーコンテンツの一つとなるぐらい、かなり大きな購買層があるので、ポケモンは一種のブランドになっていますよ。

ただ、ポケモンが一番面白いのは、「友達と対戦・交換」するとき。交換して初めて進化するポケモンもあったりしてとても面白いです。反面、友達がいないと悲しいことになりますが。ちなみに私は大学生の時にポケモン熱が再燃して、遊んでいました。友達との対戦もできて楽しかった。今はネットがあるので、ネット対戦・交換ができるのが最大の魅力。

知っている人はいると思いますけど、ポケモンの対戦は「ガチ対戦」になっています。カードゲームみたいに戦術の幅が広がってしまって、大人でないと公式大会では勝ち抜けないぐらいになっています。大会と言えば、渡辺徹さんが司会をしていたゲーム番組で、トランセル種市さんという方の解説が懐かしいです。明らかに素人っぽかったのですけど、回を追うごとに的確なアドバイスがあったりして楽しかった。その時の対戦の鉄板トリオが「サンダース・スターミー・ケンタロスというポケモン。この3体は知っている人が多いはず。特にケンタロスは誰も注目していなかったのに、突如出てきたポケモン。誰もが予想外でびっくりしたでしょう。

 

私はポケモンは好きですけど、ガチ廃人になりたくないので、ちょっと遠慮しています。努力値とか個体値とかあって、如何に優秀なポケモンを見つけるかに主眼が置かれていて面白くなくなっています。大会に出て優勝したいなら別ですけど、普通に楽しみたいですからね。

みんな好きなポケモン。私は今ではリザードンが一番好きですー