読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naotoのブログ解析

色んなブログやニュースを見て自分の意見を言う

ブログは日記 phaさんの独特なはてなブログへの考え方

ブログの書き方は星の数ほどあります。職業も色々で、自分の書きたいことを書くのがブログの一つのあり方。

phaさんははてなでも有名なブロガーで(他に言い方がないそうなんですけど)、京大出身で、ニートと公表して有名になった人。ブログに書かれてあることも哲学的で、人気が高いブロガーです。ブログって自己表現をするための場所であり、好きなことを書く場所。ビジネスの一つとして活用する時もありますけど、はてなブログ表現者のニュアンスが強くて、お金稼ぎは嫌われる傾向にあります。その中でphaさんは自分をきちんと自己表現していて、自分にための書いている。それが結構大事なことで、ブログを継続するには自分の好きなこと、書きたいことを書くのが一番です。変に読者目線になってしまうと、読者に依存した記事になりますし、そんなの楽しくなくなります。だから、ブログをまずは楽しむことが大切で、そのために自分の書きたいことを書く。表現の基礎ですけど、これができていないと、楽しくなくなってブログでの自己表現を止めてしまいます。

 

ブログでのお金稼ぎ

ブログでお金稼ぎが最近のトレンド。ブログサロンという言葉もある通り、塾に入って稼ごう的な雰囲気のあるはてなブログです。しかし、phaさんの目線からすると、ブログでのお金稼ぎよりも自分が楽しむ方法を追求するのが大事みたいです。僕も同じ意見で、楽しまないと長く続かないですし、面白くない。だから、お金は二の次で、楽しむことを第一にする。ただ、若い人には仕方ないことです。若い時には、人と違う方法でお金を稼ぎたいと感じるのは当然です。ブログで稼ぐ方法が最近出てきたビジネスで、誰でもできる手法。僕はそこまでお金を稼ぐ必要はないと思っていますし、若いからできることだと考えています。やり直しがききますから。チャレンジは大事で、それと対極なのがphaさんの考え方です。若い人にも共感できる人が多くて、京大でニートみたいな生活を送っているので、ある意味で理想的な人。お金を稼ぐのもいいですけど、自分の書きたいことを思い切って書いていくのがブログのもう一つの側面です。自己表現できる日記スタイルのブログで、毎日何かを書くことがストレス発散になって、人生をより良く彩ってくれます。面白いですね。

 

お金稼ぎと対極な日記を根本としたphaさんのブログ。お金の香りが少なくて、昔ながらの芸術家チックなスタイルが受けてるんだと感じます。人って芸術的な人に惹かれやすい。一つのことに没頭して、自分の世界とは違った雰囲気を漂わせている人達なので、惹かれる気持ちは大いに分かります。元々京大ってそういう人が意外に多いんですよ。一つの学問、数学とか英文学とか一つに絞って突き進むアカデミックな人達を許容する文化があります。学生闘争の名残もあったりしますけど、それだけ自由に学問を追求しているという証拠。頭が良いんですけど、アカデミックよりだから自分が好きなことをどんどん試して勉強して遊んでいく。そんな人生はすごく魅力的であり、僕にとっても理想的です。そういう生活をできるのはお金持ちがほとんどでした。『高等遊民』という言葉もあったぐらいで、経済的に不自由ない人が自分の好きなことを追求している様。ネットでブログを出版したり、広告収入があるので、不自由まではいかないけど、自分一人ならなんとか食べていける、そんな時代。芸術家の雰囲気を持って活躍しているphaさん。活躍という言葉が適当か分かりませんが、僕から見たら理想的な生活を送っています。