Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

文章を書けば慣れる

文章は書かないと慣れない。最初は戸惑うんだけど、書いていれば粗が見えてくるけど、それが勉強にもなる。文章術の本にも書かれてあったけど、始めること自体が大切みたい。書くことで、文章は磨かれていくと思う。

 

そこで一番大事なのが、アクセス数やアップした記事数などの目で見てわかる数字。これが一番大事になる。数字が大きくなったりすると、やる気もみなぎってきます。

人間慣れれば怖いもの無しなんですが、案外難しいのも現実。ネタがない、書くことがないと迷ってしまうのはよくあること。仕事だとそれでも書かないといけないけど、プライベートや趣味だとそうはいかない。

そんな時でも、とりあえずやってみようと思うことは凄く大事になってくる。書き続けていると、スムーズに進むこともあるし、ある程度適当に書いて、後で推敲する的な気分でいれば、ストレスも溜まらないし、気持ちも軽くなる。

文章が書けない!というときほど、適当でいいから何でも書いてみることが大切だと思う。そうしないと、嫌になってしまうから、何か目標でも作ってみるといい。記事数とかアクセス数とか。数字って意外と侮れなくて、やる気の源になったりする。