Naotoの日記

本・映画・時事に対して自分なりの感想を基本的に54字の倍数で書いてます。短い文章でシンプルな文章を心がけています。

【読書 〜2018-①】:『ラッシュライフ』-出会った伊坂節

2番目に読んだ伊坂作品の話。印象に残っている話で、4人の主人公に魅力がある。特にカウンセラーとも言えるキャラが好きになった。その後も伊坂作品に出てくるので、伊坂さんにも人気らしい。どこかフワッと浮いた印象もあるけど、伊坂さんの世界観が楽しめるのでオススメではある。

今では、人気作家で実写化も数多くされているけど、デビュー間もない今作は、独特の世界観がで構成されている。4人とも主人公とも言えるけど、脇役とも言える構成が見事。仙台で起こる不思議な事件だけど、当人達にとっては死活問題だった。4人の何とも言えない関係性が良かった。

4人を描くとなると、描写に苦労すると思うけど、構成をすごく考えていて小説家はすごいなと感じた。何回も読んだけど、自分の好きな作品。伊坂幸太郎さんが好きな人でも、人気の作品だと思う。今年の漢字が発表されたけど、街中で外国人の女性が4人の主人公達に、好きな言葉を書いてほしいというシーンが思い出された。

ラッシュライフ (新潮文庫)

ラッシュライフ (新潮文庫)