読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naotoのブログ解析

色んなブログやニュースを見て自分の意見を言う

漫画家だろうか作家だろうが、言うよりも行動が大事ー大切なら本気で

漫画家になりたい男の言ってることがよくわからない件。 - にーちの趣味ぶろ

www.nych87.com

漫画家

この彼には、ワンピースの作者である尾田さんの言葉を送りたい。

togetter.com

結局、この彼は安全圏にいるからこそ言っていられるんだと思います。実際に漫画家になりたい人は、がむしゃらに描いているはずですし、彼は漫画家になりたいけど楽してなれないかなあと思ってる。ある日、突然大金が貰えるとか、特殊能力に目覚めるなどの非現実的な妄想的な考えに近い。俺には能力がある。けれど自分からは動くのは面倒くさい。誰か見つけてくれないかな〜と思っているかもしれない。実際に僕もそうだったり、面倒くさいから楽してお金欲しいとか学生の時には思ってた。でも、現実はそうじゃない。楽は楽でも、慣れれば少し楽という話で、自堕落にしてもお金や名誉は降ってこない。もちろんお金持ちだと事情は違うけど、それでもお金持ちなりに苦労はしてる。漫画家になりたいと本気で思っているなら、手段は考えずにとにかく書く。テレビ東京の空港で外国人にインタビューする番組で、本気で少女漫画家になりたい男性の特集をしていた。少女漫画を描いて将来的には雑誌で連載したいとか。やっぱりさ、そのぐらいの根性がないとダメだと思うんですよ。

売れなくもいい

この言葉は言ってはいけないと思います。というよりも、漫画は雑誌やコミックに掲載されるわけで、売れないとそもそも世の中から認められない。ファンがいればいいと言うけれど、一人だけだと売れないから結局自費出版ぐらいしか漫画は出せない。ファンが欲しい、漫画家になりたい!だけど描きたくない。よく分からない構図になっています。売れなくてもいいと言えるのは、お金が余裕があって、自己満足で描くか、売れなくてもいいというのをキャッチコピーにしているか、それか完全な趣味の世界の話か。売れなくてもいいという言葉はとっても重くて、だからこそみんな惹かれる。売れないとどうやって生活するのだろうかという問題も出てくるし、何か承認欲求に支配されているように感じます。お金お金と言いますけど、漫画家はほとんどが売れないのに困っている。だからみんな必死。ある意味で専門職なので、売れなくてもいいなんてプロは口が裂けても言えないはずなんだけどなあ。

本気

ではないということなんでしょうね。本気なら漫画家になるために漫画描きますし、売れなくてもいいとか言えない。売れたい、人気作家になりたいと思うのは、本気だと自然に思うこと。要は、本気で全力で漫画家になりたくないってことなんでしょう。私も同じような考えだったこともありますし、やっぱりそれって本気じゃない。かっこ良く言っているだけで前に進んでいないということ。本気だったら、毎日の習慣になりますし、描いた漫画が落選したり馬鹿にされたら泣いたり、怒ったりする。何事も全力でと言いますが、これの要点は本気だったら自然に習慣になっているし、感情が発露するってこと。だからこの彼は本気ではないってだけなんだと思います。やっぱり、若い頃ってかっこつけたくなるもの。哲学者みたいに批判したりしたくなるもんです。ある意味でまだまだ若いってことなんでしょうけど、同じ若いでも、ガムシャラに本気で何かに没頭するっていう方向に進めばよりよい人生になっていくんじゃないかなと。人間打ち込むものがあるとめちゃくちゃ伸びますし魅力的になっていく。本気って本当に大事。