ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

【読書・感想】『東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 山口真由』ー本を読みたいなら流し読み

タイトルで買ってしまったビジネス書・勉強書です。
結構、売れているようで、文庫版も出版されています。
ビジネスマンだけではなくて、学生にも人気かもしれませんね。
東大・主席・弁護士と並んでいたら、買っちゃいます……。

今までも、東大出身の方で勉強本を出版されている方はいますけど、
分かりやすく、実践しやすい勉強本だとこれがかなり優秀。
7回読むだけでいいですし、最初は流し読みで十分なんで。

一番活かせるのは、やっぱり小説かなあと思います。
特に、本が貯まって、積読になっている人にオススメ。
7回読みまでしなくても、2回読みぐらいで十分。


重要なのは、『最初は流し読みでいい』ということ。
私もそうですけど、1度目で全部を理解しようとするので、
それが原因で本が積まれていく。

回避するためにはどんどん読まないといけないのですけど、
時間とかやる気とか関係あって中々に難しい。
そんな時に役立つ本だと思います。


実践する時には、本の内容を全部理解するんじゃなくて、
分かりそうな言葉とかだけ追っていくと、
ストレスなく読み進められます。
国語の教科書のように、
理解しながら黙読する必要はないわけなんで。

この方法を試してから、本
に対するストレスはかなり少なくなりました。

前までは、「1回でかなり理解しないと」
と無意識に思っていたんで。
そこに『流し読み』を組み込んだら、
結構な数の本を読めるようになりました。


本を買うけど、読めなくて貯まっている人向けの
勉強本であり、読書本でもあります。

勉強本はかなり読んだからいいよ〜という場合でも、
読んでみる価値はあります。