Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

ビジネスマンの自分磨き-『武井壮の自分磨き』

 僕が大学生の頃には、『自分磨き』って割と流行っていた。就職関係の本とか見ても、自分磨きのやり方みたいなものがあったし、自分磨きって永遠のテーマなのかもしれない。とは言っても、実際に自分を磨くのって案外難しい。スキルとか資格とか、形や結果が残るものならいいけど、トーク術とかコミュニケーション力とかの言葉で表現しにくい部分に関しては、場数を踏んだり先輩のマネをしたりして磨いていくしかない。大学生ぐらいの頃から、自分磨きに似たニュアンスの言葉を耳にするようになったけど、結局は自分をいかに成長させるのか?に尽きると思う。精神面、身体面、その他すべての自分に関係することについて成長するのが自分を磨くってことなのではないかと。

forbesjapan.com

 自分磨きは、若い頃だけじゃなくて、就職して中堅と呼ばれるぐらいになっても必要だと思う。スキルだけじゃなくて、円滑な人間関係とか上司との付き合い方とか、後輩の育成とか、知識と経験両方で自分を磨いていくのが大事。大学生の時には、自分磨き=スキル・知識みたいな印象が強かったけど、働いて見ると経験が大事で、知識だけではどうにもならないことも結構あった。ネットを見ると、自分の意見を出せ!みたいなことを言われているけど、若い頃に上司や先輩の言うことを聞いておくと、30代以降に役立つことがあると思う。まあ、業種によるけど、研究やモノ作りの分野ではかなり大事になってくるし。パワハラとかあるから、全部が全部そうじゃないけど、取捨選択して自分なりに取り込むことが大事かな。

 武井壮さんって面白いと思うけど、芸能界に生き残るために、こんなに考えているとは思わなかった。アドリブが上手かったのは、全部訓練の結果なんだとビックリした。毎日、自分に必要な訓練をすることで、シビアな芸能界を生き残っていく。実は、芸能人の多くは同じなんじゃないかな。見てない所で自分を磨いたりしている。飲み一つとっても、人脈、芸、人間性などすべてが参考になるし、マネできる部分もあったりする。テレビでワイワイ騒いでいるだけではなくて、裏ではすごく勉強しているじゃないかとふと思ったりした。しゃべりが大切なバラエティー業界だけど、生き残っている芸人なんかを見ていると、そこら辺が上手い。この辺の裏話を特集してくれれば面白いけど、『企業秘密』みたいなものだからNGかもしれない。

 磨くって、石ころをダイヤモンドのようにすることだと思っている。要は中身に光るものがあって、それを引き出すこと。ただ、努力次第ではいくら磨いても石ころのままだったりと、努力の方向が鍵を握っている。仕事でも合う合わないがあるわけで、合う仕事に向けてどう磨くかということが非常に重要。それを10代・20代で見つけるというのは難しくて、やおやっぱり危機感とか目的意識がないと光るに光れない。ちょっとしたことで本質が見えて自分の全力を出せるようになることもあるけど、そこまで行けない人もいる。ビジネスマンの自分磨きって、自分の仕事の中で、「何が必要か」をしっかり考えて、それを自分が取得・達成できるようにすることなんじゃないかな。だから、達成できる『何か』を見つけるために転職って大事なんだと思う。

探偵役に付随する絶対音感-『横浜ヴァイオリン工房のホームズ』

 美人の楽器修理工房の店主が主人公。横浜が舞台で、割と珍しい探偵設定だと思った。下宿人の主人公とお姉さん的な役割の探偵。表紙の絵も可愛い。ヴァイオリンが一つのテーマになっていて、最近見た『響けユーフォニアム』シリーズに少し近い。あちらは青春してる高校生が主人公だけど、こっちは大学生の男と絶対音感の店主。ドタバタ劇かと思いきや、きちんと絶対音感を活かした解決法があったりして面白い。というか、店主の響子さんの人脈と知識量がすごい。ある意味で探偵らしい探偵のような気がする。もちろん、完璧超人ではなくて、興味がないこと、つまり料理や家事はダメダメで、それを主人公の広大がこなしていくという役割分担になっている。ちなみに恋愛的な状況はない。

 音楽で生きていくのはしんどいなあと感じてしまったのが一点。実力をつけるための環境作りが大変で、24時間音楽に没頭できる環境がないとプロになるのは難しいらしい。それを達成するには、第一条件として親がお金持ちとでないと無理で、音大に通っても、バイトもせずに一日中音楽・楽器の練習をしないとプロレベルの上達は厳しいとか。圧倒的な才能があれば別だろうけど、就職する時につぶしが聞かないのが厳しい世界だと思う。子供の頃から思う存分ヴァイオリンを弾ける人って中々いないだろうし、何か選ばれた職業のような気がする。それこそ世界クラスの演奏者ともなると。

 ドラマとか小説を読んでいると、楽器の練習をする時に『防音』ってどうなっているんだろうと気になる。いかにクラシックの素晴らしい音楽でも、毎日ならうるさいと思うだろうし、それを感じないブルジョワな余裕のある地域でないと難しいのではないだろうか?僕が知らないだけからしれないけど。趣味ならいいのだけど、プロを目指すとなると家での練習は必要不可欠だろう。この前見た、『響けユーフォニアム』でも、市街地の中で、楽器の練習をしたら怒られるんじゃない?ということが気になってしまった。子供が公園で遊ぶだけで、「うるさい!」とクレームが来る世の中だから、響く楽器ともなると騒音と認識されるのではないだろうか?まあ、そこまで考える人は少ないと思うけど、音についてまったく気にしないで練習できるというのは、すごく恵まれていることだなあ。格差社会の縮図みたいなことを考えてしまった。

横浜ヴァイオリン工房のホームズ (メディアワークス文庫)

横浜ヴァイオリン工房のホームズ (メディアワークス文庫)

 

手軽の遊べる面白さ-『スマホゲーム』

 スマホゲームが面白い。勉強しない子供が増えている、ガチャは規制するべきなど、スマホゲーム関連のニュースを目にした。確かに、スマホゲームはある程度の規制は必要だと思う。スマホゲーム黎明期はガチャにも規制がなくて、月に100万円単位で課金する人もいたらそうだけど、今はそんなに課金しなくても欲しいキャラが手に入るようになった。際限なくお金をつぎ込めてしまうという点に関しては、規制は必要だと思う。ただ、気分転換としてプレイするなら、身近にあるスマホを使えるので最適ではある。結局、使い所を間違わなければいいだけのことなのだが、面白いので長時間プレイしてしまう。面白さに延長線上にあるのは、『達成感』なんだろう。

 スマホゲームは終わりが無い。1,2週間に1度の頻度でイベントがあるし、新キャラ・新カードも続々出てくる。RPGみたいに魔王を倒してハッピーエンドとなることはなくて、際限なくゲームを続けることができる。「時間をかけるだけで強いキャラが出来てしまう」から、中々切ることができない。そこがメリットであってデメリット。ゲームに夢中になってしまう気持ちも分かる。気軽に出来る反面、止めるのが非常に難しい。僕も3年ぐらい一つのゲームをプレイしているけど、惰性な部分もある。だけど、新キャラの獲得とそれによる戦術の広がりを思いつくとまたプレイを続行してしまう。ほんと、ある意味で魔法だ。惰性で続けていても、ある時にダメージや獲得ポイントという『結果』が出てしまうがために、熱中してしまう。

 僕が高校生の頃には、もちろんスマホはなかった。だから、スマホゲームに熱中することはなかったけど、当時にあったとしたらヤバかったと思う。今でもPS4やNintendoスイッチがあるのに、さらにどこでも遊べるスマホゲームがあったら勉強なんて出来ない。親が子供の勉強の心配をするのは分かる。子供の自主性も大事だけど、良い大学に行くなら勉強は必須なので、両立するように計画立てて行動しないといけない。仕事と遊びみたいなことの模範演習と思えばいい。そうは言っても、ゲームにハマると勉強することが面倒くさくなるから、受験シーズンは思い切って止めてもいいと思う。そのぐらい極端にしないと、中々上手くいかないことが多い。スマホゲームと勉強はこれからの時代の対立の一つだと思うなあ。ゲームの集中力を勉強に活かせればいいのになと感じる。

休み明けはストレスが多くなる10連休-「GW連休」

 GW(ゴールデンウィーク)が終わってゆっくりしている。1週間も経つとそれなりに普段の生活に戻ることができるんだけど、ストレスが溜まっている。急激な生活習慣の変化が要因なんだけど、連休のデメリットは結構大きい。長期連休だから海外に行く人にはいい期間だと思う。海外旅行なら行くだけで時間が掛かるし。僕は、国内旅行派だし、行くとしても時期をずらすから、あんまり長期連休の恩恵はないと思っている。それなら3連休を適度に取らせるとか、連休はずらして取得してもいいですよ〜的な制度があったら利用したい。10連休とはいえ、最初の3連休あたりで休み疲れが溜まってしまうから、休みは少なめにして、3連休を増やしてほしい。

 そんなこと言うと、批判されそうだけど、3連休増か10連休を選ばせてくれる制度があったらなあ。まあ、休める業界限定でそんなことがあったら人間、余裕が生まれると思う。週休2日で、いきなりドカーンと10連休というのは、生活サイクル的によろしくない。とは言っても、製造業とか9、10連休は当たり前だったりする。トヨタカレンダーが有名だけど、毎年、GW、お盆、年末年始は休みが多い。工場の関係だったりするんだけど、この辺を見ると業界って全然違うんだなあと思う。今年は10連休と連呼していたけど、実際に休めたのは、毎年長期連休を貰える業界だけなような気もする。コンビニとか忙しそうだったし、デパートも普通に営業してた。

 10連休・10連休と連呼していたネットとかテレビを見て、実際には、稼ぎ時なんだろう。観光業界とか気合100%で営業するだろうし、令和元年ということで、お弁当を販売したりしてたデパートも同じだろうな。令和元年前後は、年末年始みたいな空気だったし、年越しソバがネットで話題になるとか、滅多にないことなので自分なりには楽しんだ。長期連休としてのも、これを狙ってのことかもしれない。僕は楽しんだけど、結局連休後に体調を崩してしまった。長期連休後には調子を崩すから、3連休を増やして欲しいというのが僕の意見なんだけど、ネットを見ると意外に同じ意見が多かったのはビックリした。まあ、連休後半は暇な時間が増えてくるから、同じ意見が増えたんだろうなと思う。

MCUのヒーロー達の映画-『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観て

 公開初日に『アベンジャーズ/エンドゲーム』(EG)を観てきた。MCUの一つの区切りとしての作品だけに衝撃が非常に大きかった。アイアンマンとキャプテン・アメリカが主役と言っても過言ではない。特に、インフィニティー・ウォーではキャプテン・アメリカの出番・活躍が少なかっただけに、今作は彼の魅力を出力全開で見せてくれる。アベンジャーズのリーダーはやはりキャプテン・アメリカなのだ。アイアンマンは、スポンサーであり、メカニックであり、ヒーローなんだけど、精神的な支柱はキャプテン・アメリカである。物語も、キャプテン・アメリカが動くことで始まるし、流石ラストアベンジャーズである。

 僕はまだまだ先を見て見たいが、ある意味で区切りであった。実は、キャプテン・アメリカの俳優さんが、今作での卒業をコメントしていたので、ある意味で結末は予期していた。ただ、予想とは違ったのだけど。僕としては、良いラストだったと思う。詳細は是非映画館で見てほしい。 

 元々、キャプテン・アメリカよりもアイアンマンが好きだったのだけど、EGを鑑賞した後だと、キャプテン・アメリカの単独作品にも深みが出てきて、一気に好きなキャラになってしまった。中身は若いイケメンで多少頭筋気味なのが魅力的。アイアンマンとは、仕事ですれ違って破局寸前のカップルみたいな関係だった。まあ、トニーがヤンデレツンデレ気味だったのもある。

 観た日は、公開初日だっただけに結構混んでた。仕事帰りのサラリーマンらしき人も多く、さすがの人気である。みんなアベンジャーズが好きなのか、特徴的な場面では歓声や笑いが起こっていたし、みんな楽しみにしてたんだなあと思った。僕も楽しみだったけど、ここまで面白い作品は中々ないと思う。

 字幕・吹き替えと2回見たけど、吹き替えも満員気味で、空席はほとんどなかった。字幕・吹き替え議論はどこに行ったのだと言いたいが。驚いたのは、子供が多かったこと。近くに友達を誘って数人で観に来ている子も何組かいたし、親子で座っている場所も結構あった。ヒーローものだけど、過去の作品を観ていないと楽しみが半減するだけに楽しめるのかなあと疑問は感じた。僕が子供の頃は洋画にほとんど興味がなかっただけに、時代が変わったのかと。ジャンプ系アニメ映画は毎年公開しているわけではないから、仕方がないのかと感じる。ある意味でシンプルな作品だけど、背景を知らないとちんぷんかんぷんになりやすい。実は、MCU作品を割と家族で観ているのかもしれない。

 MCU作品は、人を選ぶというか、作品数が多すぎて何から観ていいか分からないというのが難しい所。時系列がしっかりしているし、順番を間違うと理解がしんどくなる。何気に、アベンジャーズだけ観ていると理解できない所がかなりあるから、解説サイトで調べないといけない。それって、疲れるし、事前知識の獲得が必要な映画って敬遠されると思う。ハリー・ポッターもいきなり最後の作品観ても、理解が難しいと思うし、シリーズものってそこが難しい所。

 僕がMCU作品を本格的に見始めたのは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』からだった。映画館で観た最初のMCU作品がこれだった。アベンジャーズの内乱という内容だったけど、当時は「ヒーローがお互いで殴り合って面白れ〜」的な感覚があった。今思うと、EGにもバリバリ関係しているから観ておいた方がいい作品の一つ。ファンになったのは最近だけど、いつから観ても面白いのがこのシリーズ。とは言っても、ヒーローものが好きだとか、映画が好きだとかという趣味がないと、根気がいるシリーズだから、EGをしっかり観るなら、是非MCUの作品群を観ることをオススメする。