Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

読書とアウトドアについて

f:id:naoto5511:20180303002803j:plain

 

 最近、読書ってなんだろう?と考えることがあります。結構悩んでいて、勉強するため?教養のため?資格のため?とか考えてしまう。楽しめばいいのに〜と言われても、深く考えてしまって、なんだかなあと。読書読書と別に親から強要されて記憶はないけど、社会人の現状として「読書しないといけないな」とか思ってしまったり、不思議だ。今日のタイトルの本を読んだことがあるけど、雑誌よりも専門書を読め!!的な内容を憶えている。専門書は読んだりするけど、何の役に立つ?とどこかで考えてしまうし、そりゃ資格とかスキルアップなんだけど、その先(50代〜老後)のことを考えてしまう。中々難しい話なんだと思うんですね。

 

 家にこもるよりも、外に出てアウトドアしようぜ!という人もいるからしれない。学生の時だったら楽しいけど、社会人になっていくらか年をとると、それが面倒くさくなってくる。特に、人間関係とか。学生の頃は新しい人と知り合えたりしたけど、今はそんなことはあまりないし、出会ってもその先は?ということになってしまって結局どうでもいいや〜てなことになります。ネットだと、アウトドアを積極的にする人は陽キャラとか言われてますけど、僕の中では、アウトドア=BBQ(バーベキュー)のイメージが強くて、ある程度社会人になって働くようになると、よっぽど好きでない限り、できないなあと思いました。BBQは後片付けが大変ですよね。

 

 そうなると、僕の場合は家に引きこもってゲームとか読書をしたくなるんだけど、僕の本質がインドア派ってことなんでしょうね。別に外に出て、ソフトボールとかBBQなんかを楽しみたいって気持ちもあることはあるんだけど、開始10分くらいで飽きてしまいそう。押しの強い人と話すのも苦手だし、なんでみんなBBQ好きなんでしょうね?食べるのは好きだ度、人間関係で精神力を使ってしまって、MPが0になり、精神的にぐったりしそうなのに。こういうことをいうようになったということは、学生時代の時のような溌剌さは失ってしまって、家でゴロゴロしたいという欲求に勝てないおっさんになってしまったということなんでしょうかね?まあ、精神的に若くありたいものなんですけどね。

面白かった本③

地下鉄に乗って

地下鉄に乗って (講談社文庫)

 

永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため…。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。

「BOOK」データベースより

 

 

 学生の頃に読んだけど、ラストの展開はいまだに記憶に残っている。「血のつながり」がテーマになっていて、地下鉄の駅がタイムマシンみたいになるのが画期的だった。割と昔の作品なんだけど、読後感がモヤモヤするけど、割とスッキリ考えることができるようになっているのが良かった。戦前の話が出てきたり、両親の秘密、兄との関係、恋人との別れなど、盛りたくさんの内容で、読み応えは十分にある。


 
 恋人との別れはすごく悲しかった。実は父親の隠し子で、異母兄妹でありながら付き合っていたという事実。終盤には、ある事故が起こって妹は現代から存在が消えてしまい、そのことを知っているのは主人公のみという絶望。実は兄とも半分しか血がつながっていなかったりと、過酷な運命を背負っている。
 
 
 戦前から戦後、そして高度経済成長へと物語が進んでいった。短編集みたいな印象だけど、一つの内容がすごく濃いし、最後の展開は印象深くて忘れられない。浅田次郎さんは好きな作家で、人間性を感じることができるキャラクターを数多く創作してる。悲しい物語で救いがないように思うけど、それぞれの人間が一生懸命に生きている様子をイメージできるから、記憶に残る。
 


ひとり旅の神様

ひとり旅の神様 (メディアワークス文庫)

 

 

 神崎結子・OL。ひとり暮らし、彼氏なし。とにかくとことんついてない。上司からは小言の連続、後輩はいまいち頼りない。そんな日常からの逃避行でたどり着いたのは、都心からは遠くて近い、鎌倉駅。そこで結子は、言葉を話す不思議な猫・ニャン太と出会う。自分を“旅を司る神”と名乗るその猫から頼まれたのは、日本の各地に住まう猫神様に文を届けること。どこか懐かしい土地へのひとり旅は、新たな発見の連続で―。日本の景色と食を巡る、心に優しいひとり旅の物語。

「BOOK」データベースより

 


 話す猫が気になったので読んでみた。現代のOLが主人公になっていて、辛い社畜生活がから開放されるために、ふとしたきっかけで旅行に行ってみるという展開。猫と喧嘩したり、討論したりして、旅行の神髄を楽しむ姿に好感が持てた。話す猫というのは、昔から物語にあるけど、旅行を題材にしたのは珍しいと思う。猫というと、関西弁をイメージしてたけど、色んな言葉を話す設定があったりすると面白いかも。
 
 
 旅行プランみたいに、旅行の行程が書かれていたけど、実際に旅行に行く時に参考になると思った。僕はプランで旅行に行った経験はほとんどないけど、観光地を具体的に書いてあるのはいいなあと感じた。知らない土地に旅行すると、上手く回らないと疲れるだけということは往々にしてあるので、プランを書いてくれると色々と参考になる。でも、結構几帳面でないと、日程は立てれないから難しいね。
 
 
 旅行を題材にして、結構楽しめた。最近流行のあやかし小説のように、あやかしのような猫が相棒であり、結子と猫の掛け合いがすごく面白かった。一人旅は女性に人気だと聞いたことがあるけど、旅は道ずれと言うし、可愛い話せる猫か犬がいればもっと楽しくなるだろうなあ。友達同士で旅行しても、ストレスが溜まることがよくあるから、伸び伸び旅行するなら、こんな相棒と一緒に出かけてみたいものです。
 

図書館は、いつも静かに騒がしい

図書館は、いつも静かに騒がしい (SKYHIGH文庫)

 

 

就職活動で挫折し、半年間ひきこもっていた23歳の菅原麻衣。偶然見つけた区立詩島図書館の求人に応募したところ、あっさりと採用される。いざ出勤してみると、本を手放したくないと泣きじゃくる女性や何でもミステリーにしたがる男性、妙な歌を自作するおはなし会が得意な主婦など、同僚は変人ばかり。これまで図書館に興味がなかった麻衣は周囲の情熱に後ろめたく思いながらも、仕事を通じて来館する人々と触れ合ううちに自分の気持ちが変わっていくのを感じ―。

内容(「BOOK」データベースより)

 


 図書館は子供の頃は好きじゃなかった。本はそんなに好きではなかったし、面白い本も少なかったから。図書館って、本がたくさんあるだけの面白くない場所だと思ってた。だけど、本を読む出してからは、無料で借りれて、自分の知らない世界を知ることができるから多少好きな場所になった。
 
 
 図書館に司書として働くには、現代は結構厳しいと思う。ネットのビジネス系ニュースだと、月収12万円程度ということが書かれていたけど、本気で本が好きな人でないと難しい世界だと感じる。派遣の仕事の方が給料が良い場合があるし、いまブームの副業を平行してしたほうがお金を稼げると思う。その葛藤は本の中でも多少語られているけど。
 
 
 だけど、職場の雰囲気は良くて、就職に失敗した麻衣の心を急速に回復してくれる。いい人が多くて、こんな職場は珍しいと思う。人々の触れ合いってとっても大事。そう考えると、麻衣の以前の職場って最悪だったなあと思う。人をこき下ろして仕事とか……。結構ブラック企業についても考えさせられた。

 

なぜ読書をしないといけないのか?

f:id:naoto5511:20180430233634j:plain

 
 読書をする意味というのは、自己満足・達成感にあると思う。読書ってどれだけ本を読んだかが重要だし、難しい本を読んだとしても、マニアックな趣味の人はいいけど、自慢するのは難しいから。自慢というのは、一つのモチベーションの一つであって、本を読む上では切っても切り離せない。ストレス発散にも関係すると思う。
 

 イチローが毎日しっかりとストレッチなどの基礎練習をするように、読書も毎日しないと本当は意味がないんじゃないかと思う。別に1ページでもいいから読んで見る。その中で仕事に使えたら儲け物だし、毎日読んでいるというだけで自信にも繋がっていく。それが自己満足になっていくから面白いと思う。自分に対するご褒美みたいな。
 
 
 ただ、何冊も読んでいても、読書ノートを書くとか、読書メーターに登録するとかしないと中々達成感を得ることは難しいと思う。記憶は曖昧なもので、1日経つだけで忘れてしまうから、何か残して置かないと、自己満足を得ることができない。自己満足ってすごく大事で、それがあるだけで、ストレスが解消したりもする。
 
 
 読書読書と強要するには良くないと思うけど、冊数で評価してあげてもいいんじゃないかと感じる。一冊を集中して読むのは最初は難しいし、数ページ見て飽きたら次の本とか、そんなことを教えてあげたら読書が好きになるんじゃないだろうか?読書=勉強と考えるから良くないわけで。勉強が好きな人って評価されて嬉しいわけだから、継続できるわけなんで、読書にもそれを応用してみたらどうかな。
 
 
 本棚って結構、精神的に安定することがあって、ちょっとでも読んだ本を並べて、それを眺めるだけでリラックスできたりする。「ああ、俺・私ってこんなに本を読んだのだなあ」と満足感を得ることができる。別に本なら何でもいいし、冊数をこなすのが大事。理想は蔵みたいなところに本を貯蔵しておきたいと思ってみたりもする。

面白かった本②

カラフル

 

カラフル (文春文庫)

 

 自殺を図った中学三年生・小林真の体にホームステイした「僕」と、真をガイドする天使のプラプラが、子供の思春期を共に生きていく青春・家族ストーリー。真の家族関係はとっても複雑で、不倫、喧嘩、意地悪など普通の家族ではない。その中でいかにして真が生きていくか、ホームステイしている「真の体」の本質が問われていく。
 
 相棒とも言える、天使のプラプラが二枚舌で、一見優しい天使に見えるが、真と二人だけになると、本性が出てきて、ヤンキーみたいな怖い存在になる所が面白い。実際にもこんな人はいると思うけど、いじめ・意地悪が目的ではなくて、本気で真のことを考えているのがすごい。仕事以上に、自分の感情を出して真を励ます姿に感動する。
 
 正直、小学生・中学生用かなとも思ったけど、心が弱っている、メンタルがおかしくなっている時期に見ると癒される。自分のことを好きになってくれている異性の子って意外と自分で気づけないとか、見ていて思い出した。そういうのって、同窓会とかで初めて知るんだけど、その時知っていれば何か変わったかもとか思ったり。
 
 中学生がメインの登場人物だけど、父親、母親、兄、同級生などが密接に絡み合って、人生って何だろう的なことを考えさせられる。カッコいい主人公じゃないけど、滅茶苦茶共感できたりして、見ていて印象に残る本になってる。中学生らしい行動だと思うんだけど、
 

告白

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

 

 

 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年に警告し、復讐をしていくという話。教師にとって、少年は許せる存在ではなく、二人に残酷までの復讐をしていく様は恐怖の一言。特に序盤の展開は恐ろしくて、教師の独壇場であり、読む手が止まらない。現代の問題点にスポットを当てている作品。
 
 ネットの感想などで見たけど、この作品は中盤から終盤で息切れしているという意見があった。少年の一人には、ある病気についての警告をして、生きることの辛さ、将来への絶望を植え付けるけど、主犯格の少年への記述は少なかったと思う。まあ、最後には、自分の手で復讐をする予定だったのかもしれないけど、少年への対決という場面を作ったのかもしれない。
 
 家族愛を題材にしているけど、少年への母親への愛が描かれていて、なんか複雑。最初は、完全な悪として少年を描いていたのかもしれないけど、最終的に良心を残すことにしたのは、編集側からの意見があったのかもしれない。まあ、興味深く読むことができたから、展開的にはどちらでもいいとは思ったけど、短編集的なものを出してほしいとは思う。
 
 少年法で守られた未成年を、自分の手で裁くというのは、よくあるストーリー展開だけど、とんでもなお復讐心と、教師から見た少年への恨みが描かれていて、デビュー作とは思えないリアリティーがあった。湊さんの作品は人気があるけど、その土台にはこれほどの

 

イニシエーション・ラブ

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

 主人公の僕と恋人のマユを軸に、前後編という形で物語が進んでいく。ラストを先に読まないでと帯に書かれていたと思ったけど、究極の叙述トリックなので、読んだら面白さは半減すると思う。静岡と東京の遠距離恋愛で、男がどんどん都会に塗れて変わっていく姿は男性視点、女性視点で見ると印象が変わってくると思う。ラスト数行はまさに衝撃的。

 男性が悪いとは思うし、東京は怖い所というイメージになってた。遠距離恋愛って難しいけど、男女をつなぎ止める絆は、小説やマンガと違ってあっという間に崩れてしまいがち。実際に作者が体験した恋愛観も入っているのかもしれないけど、もうちょっとやり方があったのでは、別れないですんだ未来もあったのではないかと思った。
 
 主人公は進んで東京に行ったのではなくて、能力が高いから東京本社に行くという展開。最初は、マユを大切に思っていたけど、東京での魅力的な女性、東京ー静岡の移動の疲れ、日々のストレス、マユとのすれ違いなどで、その関係は徐々に崩れていく。読んでいて悲しかった。学生の頃に読んだので、主人公の「僕」って最悪だなと思った。
 
 だけど、社会人になってみると、遠距離恋愛に限らず、現実的に距離のある人との付き合いは難しいし、価値観の共有は不可能に近い。身近にいたら簡単に解決できる問題も、遠距離になるだけで、修復不能になってしまうのは、その人との縁の切れ目ということなのかとも思ったりもする。男女の非常に悲しくも難しい話だけど、実際には似たような話はあるんだろうなあと思った。

 

面白かった本①

十字屋敷のピエロ

十字屋敷のピエロ (講談社文庫)

 初めて読んだミステリ小説。出版当時は本格ミステリが流行出した時期だったみたいだけど、僕が読んだ当時でも面白さを感じることができた。今は異世界ものがブームだけど、20年ぐらい前は、キャラよりも伏線とトリックが大事な時代だったと思う。東野作品で最初に読んだものだけど、読んで良かったと思う。本格ミステリというものを初めて知って、理解して、楽しむことができたから。ミステリってこういうものかあという実感と頭でイメージしながら活字を読む楽しさを味わうことができた。小説って自分なりのイメージで読むことができるから、同じ文章でもまったく違った顔、行動なりがあったりして面白かった。小説って楽しいし、マンガとかゲームしかしてこなかった自分としては、衝撃的だった。人によっては、ミステリ小説って邪道!古典を読め!文学を読め!という方もいるかもしれない。だけど、僕にとっては、初めてハマった小説だし、その後何十冊もむさぼるように小説を読むようになったきっかけだから想いが深い。この頃に小説によくある、「どんでん返し」という展開。僕はものすごい好きで、この小説でも大きなどんでん返しがある。犯人が分かったと思ったら、本当の意味での真犯人が分かってビックリした。

 

ラッシュライフ

ラッシュライフ (新潮文庫)

伊坂さんの初期作。4人の物語がメインのストーリー。その一人の黒澤は、後の伊坂作品でもよく出てくるキャラで、伊坂作品のある意味で便利キャラ。空き巣・カウンセラー・探偵という複合キャラ。人間観察が素晴らしくて、言葉や行動で人を説得(強引にも)してしまう。伊坂さんの作品ってすごく不思議な空間を作っている。一歩空中に浮いているような日本のように思う。キャラクターも現実感がないようで、どこかその辺にいそうな感覚で読んでいたりするし、伊坂さんの空間って不思議。割とグロい話があったりするけど、人間って決意するって本当に大事に思った。決断。現実世界でも難しいけど、小説の世界観でキャラが決意して、物語を動かす瞬間というのはちょっとワクワクしてしまう。それも小説の醍醐味かな。後の伊坂作品で、「フィッシュストーリー」という短編があるんだけど、このラッシュライフに登場したキャラも出てきてる。黒澤だけではなくて、ある老夫婦とか。僕は分からなかったけど、ネットで調べてみるとそうみたい。伊坂作品は割と分厚い本を多いけど、サックリ読めるのが特徴かな。ストレスが溜まらないし、ゆっくり読める。僕はカフェなどで読んだりするんだけど、集中して読めちゃうから、印象深いシーンもよく憶えてる。

 

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます (小学館文庫)

 恋愛小説だけど、ミステリな要素も含まれてる。ベストセラーにもなっていて、ストーリー展開から見ても、すごく良い話になってる。なぜ妻が戻ってきたのか?なぜ記憶がなくなっているか?なぜ死ぬ間際の妻が残した言葉の通りになったのか?というのはミステリ要素になる。実写化もされていて、中村獅童さんと竹内結子さんが結婚したことでも話題にもなった。男性視点の小説で、俗に言う草食系に見えるんだけど、一人で力強く息子を育てている姿は涙を誘う。ラストのどんでん返しは涙なしには見ることができない。そんな話。