Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

【読書 12-④】:『重力ピエロ』-父と子の物語

父親と子供って何だろう?親子関係というのは、血のつながり、それだけか?そんなことを感じてしまった。物語はどこか浮遊しているように思えたけど、親子の本質を垣間みた気がした。父と息子の絆ってなんて強いのだろう?力強い男同士だからこそ繋がるものがある。父親って、息子から見たら、人生初の敵らしいけど、だからこそ尊敬できる部分があるのかもしれない。

■過去の関連記事

【読書 11-①】:『風が強く吹いている 』-箱根駅伝と大学生の青春

【読書 11-②】:『思考の整理学』-東大や京大で売れている本

【読書 11-③】:『物理学とは何だろうか(上)』-理系大学生向けの本

【読書 11-④】:『アウトプット大全』-アウトプットの辞書

【読書 11-⑤】:『君は月夜に光り輝く』-王道の恋愛小説

【読書 11-⑥】:『ソーシャルメディア文章術』-SNSの基本が分かる

【読書 11-⑦】:『モダンタイムス(上)』-検索から始める恐怖

【読書 11-⑧】:『響け! ユーフォニアム』-キャラを掘り下げる短編集

【読書 11-⑨】:『ゼロ秒思考』-A4用紙にメモを書く技術

【読書 11-⑩】:『声優 声の職人』-声優界の深くすべらない話

【読書 12-①】:『死ぬこと以外かすり傷』-物事に熱中することがすごく大事

【読書 12-②】:『人がうごく コンテンツのつくり方』-コンテンツは全部

【読書 12-③】:『この世界に i をこめて』-恋愛小説を書くということ

母親と子供となると、優しいイメージがある。力強さよりも優しさが前に出ている感じがする。とは言っても、接する時間が長いということから、精神的に母親の方が強いこともよくある。言葉や行動で子供を叱咤するのが母親なら、背中で人生を魅せるのが父親ということなのかもしれない。物語からそんなことを感じてしまった。

父親と母親はまったく違う人間だと僕は思う。現実は過酷だからこそ、物語の中では、理想的な親子関係というものを描いていいと思う。理想の人生を経験できることが小説の良い所なのだから。親の確固たる信念というのは、子供に伝わるもの。親の言った何気ない一言って、親が憶えていなくても、子供は憶えている。親ってそれほど影響力がある。

重力ピエロ (新潮文庫)

重力ピエロ (新潮文庫)