Ramble Study

Reading Anime Movie Blog Life Enjoy

映画

家で映画 話題作を一作だけ見よう

お題「#おうち時間」 おうち時間には映画を見たほうがいい。読書もいいけど、それだけだと飽きるから、時間をつぶす意味で映画をみよう。面白い映画だけではなくて、マイナーなものもいいけど。今はNetflixやAmazonプライムがあるから、家で気軽に名作を見る…

映画『SHIROBAKO』感想-アニメ制作現場は過酷でだけど、達成感もあると思う。その後にどうしたら『君の名は。』みたいな歴史的ヒットを作れるのか?

アニメ映画の『SHIROBAKO』を観てきた。テレビシリーズはまだ観ていないけど、映画館で流れるCMで気になったので観てしまった。取引先の都合で元請けアニメが破綻してしまって、パッとしない仕事を続けていた制作会社に、とあるオリジナル映画制作の話が舞い…

2019年に観て良かった映画

2019年に観た映画をまとめて、一言感想をつけた。結構観たなという印象だが、大型作品が多く、記憶に残る作品が多かった。 天気の子 アナと雪の女王2 アベンジャーズ/エンドゲーム 劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~ 劇場版シティーハンター …

映画・スター・ウォーズ関連で気になったニュース

スター・ウォーズは非常に興味深い作品ではある。ファンも多く、外伝もたくさんあり楽しく見れるエンターテイメント。宇宙という広大な物語を題材にし、日本のクリエーターにも影響を与えた作品であるが、令和の時代になってもその影響力は凄まじい。ジェダ…

映画『ルパンⅢ世 The First』の感想

□映画でのルパンの魅力とは? 映画「ルパン三世 THE FIRST」オリジナル・サウンドトラック 『LUPIN THE THIRD 〜THE FIRST〜』 アーティスト:You & Explosion Band 出版社/メーカー: バップ 発売日: 2019/12/04 メディア: CD 『ルパンⅢ世 The First』を観て…

映画で有名なデロリアンが2600万円でEV化とは

バック・トゥ・ザ・フューチャー再び デロリアンをEV化した男 - 試乗記 | AUTOCAR JAPAN www.autocar.jp 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で有名なデロリアンが換装されたというニュースを見て、まだあの映画は人気があるなあと思った。当時としては…

『実写版シティー・ハンター』ーーこれはこれはシティーハンターなのか?ー間違いない、これはシティーハンターだ

アニメ映画シティー・ハンターを観に行った時から、今年はシティー・ハンターの年だなと思っていたら、まさかの実写化。劇場で映画のCMの広告を見たときから気になっていたので、先週の土曜日に観に行ってきた。とっても最高で、観に行って良かった。 cityhu…

1クールのアニメを劇場版に再編集すればより売れるのではないかというお話

『Gのレコンギスタ』を観てきた。テレビ版は見ていないが、スパロボに参戦していて興味を持ったので、今回の劇場版を観た。富野節炸裂で、キャラが本名で呼び合うわ、モビススーツ戦は空間を上手く使うわで大いに楽しめた。2クールを5部作にするので、今後が…

【映画】『アナと雪の女王2』の感想〜四大元素に絡めた色合いが豊かな世界での二人の女王

『アナと雪の女王2』を見てきたが、前作とは違った印象を持った。非常に色合いが豊かで、白い雪のイメージが一新されてしまった。アナ雪では、ひたすら夜と雪のイメージだが、今作では、昼と夕方、秋のイメージになった。前作がそのまま伏線になっていて、割…

【映画】『ターミネーター・ニュー・フェイス』の感想:『ターミネーター2』で未来を変えても運命は変わらないが、それでも運命を変えるために行動することが大事。

『ターミネーター・ニュー・フェイス』を観てきた。色んな想い、考察があるので、以下面々と書いてく。 ターミネーター2 4Kレストア版 [Blu-ray] 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2019/02/08 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る タ…

【読書】『フッド ザ・ビギニング』の感想:ロビン・フッドは青年からヒーローへ生まれ変わる。登場人物すべてが意志が強く、欲望の力はすごいと感じた。

敵は身内にありと思った。裏切られて、そこから義賊になり、それがヒーローに繋がっていく。単純なヒーロー像ではなくて、絶望から希望へ、さらに裏切りから裏切りへと物語が連続的に変わるのが面白い。ロビン・フッドの伝説が民衆の間に伝わり、それが改革…

映画『HELLO WORLD』の感想:前半は『君の名は。』/後半は『サマーウォーズ』/『君の名は。』以後の映画/新時代のアニメ映画

映画『HELLO WORLD』を見てきました。君の名は。との共通点があって、中々に面白い映画になっていました。東宝が配給ということで、『君の名は。』の以後作品として大々的に広告されている作品でした。本当に、『君の名は。』って影響が大きくて、アニメ映画…

シティーハンターの実写化はありか、なしか?

□シティーハンターの実写化はありか? 実写版シティーハンターが今年の11月に公開になるそうです。世代を超えて人気のあるマンガ・アニメの実写化。日本ではなくフランスで作られたそうで、かなり気になります。冴羽獠の吹き替えが神谷明さんから山寺宏一さ…

ラスト展開が衝撃的だー『天気の子』

鑑賞するのは二度目。細かい部分に気づけて良かった。まわりの人は、ラストの展開は何度観てもいいなと言っていた。 「あの光の中に、行ってみたかった」高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てによう…

天気と世界と人間と-『天気の子』

人間か、世界か……。描写は見事の一言。『君の名は。』は純粋だが、今回は大人と子供の価値観での違いで生々しい。 小説 天気の子 (角川文庫) 作者: 新海誠 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/07/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る

スパイダーマンとミステリオ:『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

仲間かヴィランかのミステリオ。スパイダーセンスとハイテクとのバトルが見物。精神の成長はワクワクさせてくれる。

映画で議論になる吹替と字幕

字幕は集中力を要して、目と耳を使うけど、吹替は耳だけでイメージできる。作業中は吹替が音楽代わりで心地よいな。

MCUのスパイダーマンとアイアンマンの違い

スパイダーマンは技術力でありアイアンマンは技術力と経済力。アイアンマンは若い自分をスパイダーマンに重ねてる。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観た

ゴジラの最新作。ゴジラファン待望の作品である。ゴジラと言えば、日本の特撮作品だが、アメリカでもゴジラが作られ始めた。当初は、大量に繁殖して、高速で人を襲うゴジラだったが、今ではゆっくりと力強く、世界でたった一匹の生物に落ち着いていた。日本…

MCUのヒーロー達の映画-『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観て

公開初日に『アベンジャーズ/エンドゲーム』(EG)を観てきた。MCUの一つの区切りとしての作品だけに衝撃が非常に大きかった。アイアンマンとキャプテン・アメリカが主役と言っても過言ではない。特に、インフィニティー・ウォーではキャプテン・アメリカの出…

輝かしい青春の吹奏楽部『響けユーフォニアム〜誓いのフィナーレ!〜』

吹奏楽部を舞台にした青春アニメ。高校の部活の中で繰り広げられる葛藤、対立と高校生らしい生活が描写されていた。90分の制限時間の中で、上手く内容をまとめていたと思うけど、新登場の1年生はもっと掘り下げてほしかった。1クールでテレビアニメにしたら…

『スパイダーマン・バース』を観て

アベンジャーズ・エンドゲーム公開まで一ヶ月を切っているということで、スパイダーマン・バースを観てきた。最近まで、この作品の事は知らなかったけど、観てかなり印象が変わってしまった。スパイダーマンは好きで、実写も何回か観た。ただ、今回のスパイ…

【映画〜2018-①】:『シン・ゴジラ』について-過去と現実

『シン・ゴジラ』を見た。今までのゴジラになかったものがたくさんあって見応えがあった。僕が見ていた平成ゴジラは怪獣との戦闘がメインテーマで、政府はそれに右往左往することが多かった。現状を打開するのは、奇抜な科学者や研究者だった。だからこそ、…

ガンダムをイメージする『防衛省の宇宙部隊』-SFの世界がついに現実に?

防衛省が宇宙部隊かというニュースを見て、ガンダムの世界をイメージしてしまった。僕が子供の頃は、ガンダムみたいなロボットものが流行っていて、宇宙から来た侵略者と戦うという作品だった。そんな夢みたいな空想物語だったのが、意外に現実で近い形で実…

広告を見たくない『映画館』ー1800円で広告と作品すべてを楽しむ

映画館で流れるCMが嫌いな人は意外に多いらしい。時間の無駄だと感じたり、見たくもない映画の宣伝に時間をかけるよりも、その時間を映画の時間に当ててほしいと考えがあるらしい。CMも映画からしたら、興行収入に関係する要素なので、無くすのは不可能に思…

『ジブリ・マニアック・哲学的』〜紅の豚を見て〜

紅の豚がテレビで放送されていたらしい。DVDなどで今見ても色あせないそんな作品。宮崎監督の完成・趣味が全開で、見ていて飽きない作品でもある。『カッコいい大人』が描かれていて、豚なのが良い完成をしていると思った。ジブリの目指す方向性としては、こ…

地上波で放送された『聲の形』に対する感想について

地上波で放送されていたという『聲の形』を改めて見た。『君の名は。』と同じ年に話題となっていたように思うけど、確かに考えさせられることが多々ある。 好き嫌い分かれる作品だけど、京アニが真っ正面から勇気を持って作っているだけに、作画云々よりも、…

映画の『吹き替え』と『字幕』ー家で作業する時には『吹き替え』がいいのでは?

吹き替えと字幕は映画好きには議論になる。吹き替えで観るとどこかバカにされたように見られるけど、字幕だと内容について深く話せたりする。別に僕はどちらでもいいし、レンタルビデオも吹き替えで観る回数が多かった僕としては、字幕<吹き替えという構図…

映画の定額制について

日本の映画は高いとは思う。1800円が基本で、プレミアムシートだと+1000円と結構割高。メンバーズカードで1600円になったり、7回ぐらいみると1回無料などとサービスは良くなっていると思うけど、映画好きには値段は高いと思う。1回1100円になるファースト…

【映画】リズと青い鳥について

原作を読んでいたので、気になって観に行った。公開1週目に行ったのだけど、思いの他よかった。実際の学校生活と絵本の世界が交互に展開されるのだけど、違和感なく混じり合っていたので、印象は悪くない。だけど、序盤はゆっくり進むので、眠たくなるかもし…